FC2ブログ
散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2013年06月23日 (日) | 編集 |
→ 20130609_東御苑 シリーズ

白鳥壕のそばの展望台へ登っていきましょう。
広場の周りが、白くけぶっています。
 
サンゴジュ の白い花が満開。

P6090181展望台のサンゴジュ_400

P6090182サンゴジュの花_500

P6090182サンゴジュの花cut_500

P6090183サンゴジュの花_500

P6090183サンゴジュの花Zoom_500

めも:2013/06/09 SP570UZ で撮影

 → H25年6月7日 皇居東御苑花だより

 Myタグ 花の色.白 場所_東御苑 
2013年06月22日 (土) | 編集 |
→ 20130609_東御苑 シリーズ

ツリバナ の実は いつも風に揺れている。

P6090226ツリバナ_500

それに、なぜかカメラを向けると 蚊に刺される~。

P6090227ツリバナの実_500

緑の実

P6090106ツリバナの実_500

P6090231ツリバナの実_500

P6090230ツリバナの実_500

めも:2013/06/09 SP570UZ で撮影

 → 皇居東御苑花だより
○ツリバナ(ニシキギ科)Euonymus oxyphyllus
山地に生え,高さ4mになりますがまれに6mくらいになるものもあります。5~6月,葉腋から6~15㎝の柄をだし,直径6~7㎜で淡緑色またはやや淡紫色を帯びた花が開きます。蒴果は球形で熟して5裂すると,朱赤色の仮種皮に包まれた種子が現れます。

 Myタグ 実.緑 場所_東御苑 
2013年06月21日 (金) | 編集 |
→ 20130609_東御苑 シリーズ

菖蒲田の反対側にちょっとした流れがあって、
そこに黄色い花が咲いています。

何の花でしょう? わかりました。 ミズキンバイ

平家蟹さんが教えてくださいました。 ありがとうございます。

ミズキンバイ みずきんばい(水金梅) アカバナ科 チョウジタデ属

P6090097水辺の黄色い花何?Zoom_500

P6090098水辺の黄色い花何?_500

P6090095水辺の黄色い花何?cut_500

P6090095水辺の黄色い花何?_500

めも:2013/06/09 SP570UZ で撮影

 → 皇居東御苑花だより
○ミズキンバイ(アカバナ科)Ludwigia stipulacea
池や沼の水中に生える多年草。和名は水金梅で水中に生え,花がキンバイソウに似ていることによります。根茎は長く泥中をはいます。花期は7~9月。花は黄色で約2.5cm,花弁萼片とも4~5個で長い柄があります。

“ミズキンバイ”と よく似た 外来種の“オオバナミズキンバイ”は 困りものらしいです。
 → 見分け方。 “ミズキンバイ” 茎も葉も無毛で花は小さめ。

 Myタグ 花の色.黄色 場所_東御苑 メモ.わかりました 
2013年06月21日 (金) | 編集 |
→ 20130609_東御苑 シリーズ

閉園の時間になりました。 
大手門発券所を通過しようとして ふと見るとすぐ脇の木に色づき始めた実がなっています。
イチジクぐらいの大きさ、でも葉っぱが違うし・。 何の実でしょうか? 

ギョギョッと 虫こぶ らしいです。
平家蟹さんが教えてくださいました。 ありがとうございます。

P6090354出口の木の実_500

P6090353出口の木の実_500

P6090356出口の木の実_500

めも:2013/06/09 SP570UZ で撮影

 → 皇居東御苑花だより

 Myタグ 実.赤 場所_東御苑  メモ.わかりました 虫.虫こぶ 
2013年06月20日 (木) | 編集 |
→ 20130609_東御苑 シリーズ

苑内には、タイサンボクがたくさん植えられています。
どれも 大きな木です。 大ぶりの白い花。

花びらに落ちたシベが溜まっています。
P6090170タイサンボクの花_500

ズームでシベを見ると・・・。
P6090169タイサンボクの花Zoom_500

P6090152タイサンボクの花_500

P6090150タイサンボクの花_500

近づいてそっと嗅ぐと、甘い香りがするんですよ。

P6090134タイサンボクの花_500

P6090147タイサンボクの風景_500

めも:2013/06/09 SP570UZ で撮影

 → H25年6月7日 皇居東御苑花だより
○タイサンボク(モクレン科)Magnolia grandiflora
北米中南部原産で,1873年に渡来しました。高さ10~20m,葉は長さ12~15cmの長楕円形の革質で特徴があります。5~6月,直径12~15cmの芳香のある白い花が咲きます。花弁は6個,まれに9~12個あります。


 Myタグ 花の色.白 場所_東御苑 
2013年06月20日 (木) | 編集 |
→ 20130609_東御苑 シリーズ

ニワトコ の赤い実を見つけました。
 
P6090209ニワトコの赤い実Zoom_500

P6090209ニワトコの赤い実_500

P6090208ニワトコの赤い実_500

P6090210ニワトコの赤い実_500

P6090207ニワトコの赤い実_500

めも:2013/06/09 SP570UZ で撮影

ニワトコ(接骨木、庭常、学名:Sambucus racemosa subsp. sieboldiana) スイカズラ科ニワトコ属

 → 皇居東御苑花だより
○ニワトコ(スイカズラ科)Sambucus sieboldiana
別名セッコッボク。各地の山野に普通に生え,庭などによく植えられます。下部からよく分枝して。高さ3~6mになります。 

 Myタグ 実.赤 場所_東御苑 
2013年06月19日 (水) | 編集 |
→ 20130609_東御苑 シリーズ

ニワウメ の赤い実です。

P6090311ニワウメの赤い実Zoom_500

P6090312ニワウメの赤い実_500

P6090309ニワウメの風景_500

めも:2013/06/09 SP570UZ で撮影

 → 皇居東御苑花だより
○ニワウメ(バラ科)Prunus japonica
種小名に日本の名が付いていますが,原産地は中国です。古い時代に渡来したといわれています。高さ1~2mになる落葉低木で株立ち状になります。花は直径約1.3cm,淡紅色でまれに白色の花も咲かせます。

身近なところのニワウメ ⇒ ニワウメ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」
 Myタグ 実.赤 場所_東御苑 
2013年06月19日 (水) | 編集 |
→ 20130609_東御苑 シリーズ

ホタルブクロ が一面に咲いています。

P6090232ホタルブクロの風景_500

P6090234ホタルブクロ_300

P6090233ホタルブクロ_500

淡いピンクがかった白い花。

P6090233ホタルブクロZoom_500

めも:2013/06/09 SP570UZ で撮影

 → H25年6月7日 皇居東御苑花だより
○ホタルブクロ(キキョウ科)Campanula punctata
各地の山野に普通に見られる多年草。6~7月,紅色または白色の花をつけます。チョウチンバナ,トッカンバナなど多くの呼び名で親しまれていますが,ホタルブクロの名もちょうちんの昔の呼び名「火垂る袋(ホタルブクロ)」によるといわれます。一般にはこの花のなかにホタルを入れて遊んだことから名づけられたとの説があります。

花壇の写真もどうぞ! ⇒ ホタルブクロ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」
 Myタグ 花の色.白 場所_東御苑 
2013年06月18日 (火) | 編集 |
→ 20130609_東御苑 シリーズ

ヤマモモの実が 色づき始めています。

ヤマモモは、身近にあってそれほど珍しくないですね。

P6090352ヤマモモの実_500

P6090350ヤマモモ_500

P6090350ヤマモモの風景_500

めも:2013/06/09 SP570UZ で撮影

 → 皇居東御苑花だより
○ヤマモモ(ヤマモモ科)Myrica rubra
暖地の山地に生え,高さ25mになります。葉は互生し,4月頃開花します。雌雄異株。果実は直径1~2cmの卵形で突起が多く,夏に赤く熟し,甘酸っぱい味です。 

 Myタグ 実.緑 場所_東御苑 
2013年06月18日 (火) | 編集 |
→ 20130609_東御苑 シリーズ

草むらに1本だけ見つけたのは、オドリコソウでしょうか?

P6090217オドリコソウ_240

薄桃色の花です。

P6090220オドリコソウの花_500

P6090219オドリコソウの花Zoom_500

東御苑の富士見櫓です。
 
P6090211富士見櫓_500

めも:2013/06/09 SP570UZ で撮影

 → H25年6月7日 皇居東御苑花だより

 Myタグ 花の色.桃色 場所_東御苑 
FC2 Management