散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2017年03月30日 (木) | 編集 |
→ 20170316_日比谷公園 シリーズ

  日比谷公園 の 雑草たち (*^_^*)♪

ハコベ
R0025948ハコベの白い花_400

R0025947ハコベの白い花_400

R0025949ハコベの白い花_400


ナズナ
R0025938ナズナ ペンペングサ_400

タネツケバナ
R0025939タネツケバナの白い花Cut_400

R0025939タネツケバナの白い花_400

めも:2017/03/16 CX2 で撮影

ナズナ(薺、学名:Capsella bursa-pastoris)とは、アブラナ科ナズナ属の越年草。
別名ペンペングサ(ぺんぺん草)、シャミセングサ(三味線草)。
田畑や荒れ地、道端など至るところに生える。
 
ハコベ ナデシコ科 ハコベ属

タネツケバナ (種漬花、Cardamine scutata) は アブラナ科タネツケバナ属の植物の一種。
水田などの水辺に群生する。
 

 Myタグ 花の色.白 場所_日比谷公園 
2017年03月29日 (水) | 編集 |
→ 20170316_日比谷公園 シリーズ

日比谷公園の石垣に映えた草。 何かしら?

R0025897石垣の花チチコグサの仲間Zoom_500

R0025895石垣の花チチコグサの仲間_500

R0025894石垣の花チチコグサの仲間_500

めも:2017/03/16 CX2 で撮影

 
ハハコグサとチチコグサ 程度しか知らなくって、
みんなの花図鑑 にのせたら、3つの名前が候補に挙がっています 。
 チチコグサモドキ
 ウラジロチチコグサ
 タチチチコグサ
そこで教えていただいた 「ハハコグサに似た仲間」で調べても 区別がつきません。

もう一度行って、同じものを見る機会があればいいですけど。

チチコグサ (チチコグサ属) 根生葉は線状披針形。茎葉は線形、少ない。花序の下に披針形の苞葉。
タチチチコグサ (チチコグサモドキ属) 総苞の下部がややふくれ、基部に綿毛。葉腋の小枝に花をつける。
チチコグサモドキ (チチコグサモドキ属) 全体に綿毛が多く、灰白色。葉はへら形、先は丸くて短い突起。総苞の下部はふくらむ。冠毛は基部が合着。
ウラジロチチコグサ (チチコグサモドキ属) 葉の表面ははつやのある緑色、裏は白い毛。茎にも白い毛。

・ ハハコグサに似た仲間 
 

 Myタグ 花の色.白 場所_日比谷公園 これは何?? メモ.紛らわしい はじめて!.花 
2017年03月28日 (火) | 編集 |
→ 20170316_日比谷公園 シリーズ

日比谷公園の中に咲く スイセン の花。
 
黄色のスイセンの花 
R0025922黄色のスイセンの花_400

花殻を摘んであげたいけど・・・。 (*^_^*)♪
R0025921黄色のスイセンの花_400

白色のスイセンの花
R0025943白のスイセンの花_400

R0025944白のスイセンの花_400

かたまって咲いていると 八重の花かと思うほど ボリューム感があります。
R0025942白のスイセンの花の風景_400


黄色のスイセンの花、小さいラッパ ♪
R0025945黄色のスイセンの花_400

めも:2017/03/16 CX2 で撮影

スイセン は、ヒガンバナ科 (クロンキスト体系ではユリ科) スイセン属 学名: Narcissus
この属に含まれるものを総称して スイセンと呼んでいる。
 

 Myタグ 場所_日比谷公園 
2017年03月27日 (月) | 編集 |
→ 20170316_日比谷公園 シリーズ

 ツバキ の白い花

R0025936ツバキの白い花Zoom_400

何層もの花びらが すてきですね。

R0025933ツバキの白い花_400

R0025934ツバキの白い花_400

R0025932ツバキの白い花の木_400

R0025932ツバキの白い花の風景_400

めも:2017/03/16 CX2 で撮影

サザンカ (山茶花)  Camellia sasanqua.  ツバキ科ツバキ属の常緑広葉樹。
 

 Myタグ 場所_日比谷公園 
2017年03月23日 (木) | 編集 |
→ 20170316_日比谷公園 シリーズ

日比谷公園の小道は 季節の花を楽しむことができます。 

ナノハナ の小道

R0025918ナノハナの小道の風景_400

 黄色がきれいね。

R0025925ナノハナの花と蕾Zoom_400

まだ 蕾が多いけれど
R0025925ナノハナの花と蕾_400

R0025923ナノハナ_400

R0025916ナノハナの小道の風景_400

めも:2017/03/16 CX2 で撮影

アブラナ(油菜)は、アブラナ科アブラナ属の二年生植物。 
別名 ナノハナ、ナタネ
アブラナ属の花はどれも黄色で似通っていることから、すべて「菜の花」と呼ばれる傾向がある。 ウィキペディア。
 

 Myタグ 花の色.黄色 場所_日比谷公園 
2017年03月22日 (水) | 編集 |
→ 20170316_日比谷公園 シリーズ

春といえば ホトケノザ の花

R0025928ホトケノザの花_400

R0025924ホトケノザの花_400

R0025926ホトケノザの花_400

めも:2017/03/16 CX2 で撮影

ホトケノザ(仏の座、学名: Lamium amplexicaule)は、シソ科オドリコソウ属
別名 サンガイグサ(三階草)、 一年草あるいは越年草。 


 Myタグ 花の色.紫 場所_日比谷公園 
2017年03月21日 (火) | 編集 |
→ 20170316_日比谷公園 シリーズ

日比谷公園 に来れば 会える花、クサノオウ

R0025893クサノオウの花_500

R0025891クサノオウの花_400

R0025898クサノオウの花_400

R0025900クサノオウの花の咲く石垣_400

石垣の ここにも あそこにも!

R0025902クサノオウの花の咲く石垣_400

めも:2017/03/16 CX2 で撮影

クサノオウ ケシ科 クサノオウ属
 

 Myタグ 花の色.黄色 場所_日比谷公園 
2017年03月20日 (月) | 編集 |
→ 20170316_日比谷公園 シリーズ


ムラサキハナナ とってもきれい!

R0025882ムラサキハナナの花_500

R0025883ムラサキハナナZoom_500

R0025883ムラサキハナナ_400

めも:2017/03/16 CX2 で撮影

ムラサキハナナ (紫花菜)  アブラナ科
別名:ショカツサイ(諸葛采)、オオアラセイトウ、ハナダイコン(花大根)
 

 Myタグ 花の色.紫 場所_日比谷公園 
2017年03月19日 (日) | 編集 |
→ 20170316_日比谷公園 シリーズ

  日比谷公園に行ったら、まずは 心字池を見晴らせる高台に上ります。

そこの片隅に キケマンの花が咲くんですよ。
探してみましょう ・・・ ありました!

キケマン (黄華鬘) の黄色い花

R0025884キケマンの風景_400

R0025888キケマンの花_400

R0025885キケマンの花_400

R0025886キケマンの花_400

これから、もう少し花が開くのかしら。 またね。 ♪(^_^) /~~~

R0025887キケマンの花_400

夕方の心字池を 見下ろして 
R0025889心字池の風景_400

めも:2017/03/16 CX2 で撮影

キケマン (黄華鬘) ケシ科 キケマン属 


 Myタグ 花の色.黄色 場所_日比谷公園 
2017年03月18日 (土) | 編集 |
→ 20170316_日比谷公園 シリーズ

  日比谷公園 にも タンポポが!

タンポポ の花、めっけ。

R0025908タンポポZoom_400

R0025908タンポポ_400

めも:2017/03/16 CX2 で撮影

 


 Myタグ 花の色.黄色 場所_日比谷公園 
FC2 Management