fc2ブログ
散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2022年09月29日 (木) | 編集 |

今日の園内散策をまとめました。
 ⇒ 2022年9月26日 向島百花園の萩散策シリーズ:まとめ ~ Myブログ「花とおしゃべり」
 ⇒ 向島百花園の萩と秋の七草めぐり ~ Myブログ「パそぼのあれこれフリーク:Part2」

 ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~

向島百花園 の 入口のディスプレイ

IMG_5750_0926向島百花園入口内のディスプレイ_400

かぼちゃに似て迫力満点、「フクロクジュウリ(福禄寿瓜)、ヒョウタン(瓢箪)
IMG_5751_0926福禄寿瓜とヘチマ_400

さぁ、棚にぶら下がるヒョウタンなどを見に行きましょう!

IMG_5893_0926棚の風景_400

ありました!
IMG_5770_0926ヒョウタンの棚_400

フクロクジュウリ
IMG_5771_0926福禄寿瓜の棚たぶん_400

ヘチマ
IMG_5772_0926ヘチマの棚たぶん_400

ヒョウタンの写真は、撮りのがしました・・・。

めも:2022/09/26 PowerShot SX730 HS で撮影


 → 向島百花園 むこうじまひゃっかえん  → Twitter 向島百花園@MukoujimaGarden
 
参考
★ 「東十条探偵団2」 の 「向島百花園」の記事 
 
 ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~

★ ヒョウタンといえば
 ⇒ Myブログ:8/14 ヒョウタンの実がなりました
 

 
2015年9月29日 ⇒ 「世界のヒョウタン展」を見る ~ Myブログ「パそぼのあれこれフリーク:Part2」
 

 

 Myタグ 場所_向島百花園 実.緑 はじめて!.実 
2022年08月14日 (日) | 編集 |

ヒョウタン(瓢箪)

猛烈な暑さや台風のこの頃、皆さんお元気ですか?

8/14 夕方 久しぶりにお散歩しました。

公園の登り口に こんなお知らせが!

DSC_1292_0814ヒョウタンの実の案内_300


夕方遅いですが、見に行かなくっちゃ! と階段を登ります。

ヘチマの棚。 7月より花が増えています。
 ⇒ Myブログ:7/18 ヒョウタンの花と水槽の水草

真っ白の花
DSC_1270_0814ヒョウタンの花_400

夕闇に浮かびます。
DSC_1271_0814ヒョウタンの花Zoom_400

でもどこに 実がなってるの?
DSC_1268_0814ヒョウタンの棚_400

と裏へ回ったら 
DSC_1277_0814ヒョウタンの大きな実_400

大きな実がでんとぶら下がっていました。
DSC_1273_0814ヒョウタンの大きな実_400

ビックリ。
DSC_1273_0814ヒョウタンの大きな実_300

他にもないかと探したら、上の方に小さなのがありました。
DSC_1279_0814ヒョウタンの小さな実_400

写真をチェックしたら、もう一つ小さな実もありますよ。
DSC_1279_0814ヒョウタンの小さな実ともっと小さな実_400

めも:2022/08/14 SW001SH で撮影


7月の花の頃
 ⇒ Myブログ:7/18 ヒョウタンの花と水槽の水草

ヒョウタン(瓢箪、瓢簞、学名:Lagenaria siceraria var. gourda)は、ウリ科 ユウガオ属
ウリ科のつる性の1年草で、干瓢(かんぴょう)にするユウガオの変種

こちらも見てね。 懐かしい!
 ⇒ 2015/10/3 「世界のヒョウタン展」を見る ~ Myブログ「パそぼのあれこれフリーク:Part2」

世界のヒョウタン展

これまでに見たヒョウタンのこと。
 ⇒ ヒョウタン(瓢箪) ~ Myブログ「散歩道の野草と風」
 ⇒ ヒョウタン ~ Myブログ「Niwa niha Hana」

面白い話を見つけました。
・ ヒョウタンと古代の海洋移住 | 海洋政策研究所 - 笹川平和財団
・ No.11 人類の原器 ヒョウタン1万年の世界 湯浅 ... - 東京農業大学
 

 Myタグ 場所_散歩.OJK公園 
2022年07月23日 (土) | 編集 |

OJK公園の、入り口に 「タイタンビカスが咲いた」とのお知らせがあり、頑張って階段を登ってきました。

 ⇒ Myブログ:7/18 タイタンビカスの大きな花

ここでのお気に入りは、水槽です。

ハス(蓮) の花は咲いてなかったけれど、
緑の水草が きれいな形で茂っています。

DSC_1230_0718ハスの水槽_400

ウォーターバコパの花
DSC_1231_0718ウォーターバコパの花_400

ハスの実
DSC_1228_0718ハスの実_400

これから 未だ咲くそうです。
DSC_1227_0718ハスの水槽 OJK公園_400

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

ヒョウタン(瓢箪) が 棚に巻き付いてします。

DSC_1222_0718ひょうたん OJK公園_400

花を探しましょう!
DSC_1223_0718ひょうたん蕾_400

これは 蕾?
DSC_1223_0718ひょうたん蕾Zoom_400

これは 花後?
DSC_1226_0718ひょうたん花後_400

今後が楽しみ! また行きますね (*^_^*)♪

めも:2022/07/18 SW001SH で撮影

ひょうたんは 雄花と雌花があって、
タイミングよく受粉できたときに あの ヒョウタンの実がなるんですって。

ヒョウタン (瓢箪、瓢簞、学名:Lagenaria siceraria var. gourda)は、ウリ科の植物。
 葫蘆 (ころ)とも呼ぶ。


 Myタグ 場所_散歩.OJK公園 花の色.白 
2021年08月19日 (木) | 編集 |
20210818_散歩 シリーズ

OJK公園の階段の下に、
「ヒョウタンの実がなった」とのお知らせ

IMG_1098_0818ヒョウタンの案内_300

行ってみよう!

IMG_1082_0818OJK公園ヒョウタンの風景_400

ヒョウタン(瓢箪) の棚の内側に、大きな実が一つ

IMG_1085_0818OJK公園ヒョウタンの実_400

棚の上の方に咲いている花。

IMG_1091_0818OJK公園ヒョウタンの花と小さな実_400

花のそばに 小さな実がなっています。 大きくなってね!

IMG_1090_0818OJK公園ヒョウタンの小さな実2つ_400

ヒョウタンの花は、真っ白。

IMG_1091_0818OJK公園ヒョウタンの花Zoom_400

IMG_1087_0818OJK公園ヒョウタンの花_400

めも:2021/08/18 PowerShot SX730 HS で撮影


ちょうど、育てた方がいて、見学の人たちに説明をしています。

 花数が少ないうえに、なかなか受粉しない、高いところの人工受粉にも一苦労。
 小さな実がなっても なぜか育たない。
やっとこの1つがなったのだと 嬉しそう。
今ついている 小さな実が育つといいですね!
ひょうたんの花は雄花も雌花も夕方から夜にかけて開き、翌朝にはしぼんでしまいます。
同じ夜に雄花と雌花が咲き揃わないと受粉できない。ひょうたんの実にはならないのです。

ひょうたんの育て方(栽培方法) ~花(雄花と雌花)と、人工受粉で実をつける方法
 ひょうたんの実は、「孫づる」にしか実がならないので、摘芯をして実をつけよう!


ヒョウタン(瓢箪、瓢簞、学名:Lagenaria siceraria var. gourda)は、ウリ科 ユウガオ属
ウリ科のつる性の1年草で、干瓢(かんぴょう)にするユウガオの変種

こちらも見てね。 懐かしい!
 ⇒ 2015/10/3 「世界のヒョウタン展」を見る ~ Myブログ「パそぼのあれこれフリーク:Part2」

世界のヒョウタン展

これまでに見たヒョウタンのこと。
 ⇒ ヒョウタン(瓢箪) ~ Myブログ「散歩道の野草と風」
 ⇒ ヒョウタン ~ Myブログ「Niwa niha Hana」

面白い話を見つけました。
・ ヒョウタンと古代の海洋移住 | 海洋政策研究所 - 笹川平和財団
・ No.11 人類の原器 ヒョウタン1万年の世界 湯浅 ... - 東京農業大学
 

 Myタグ 場所_散歩.OJK公園 花の色.白 実.緑 
2019年01月10日 (木) | 編集 |
☆ 今年の 干支の 亥(イノシシ) にちなむ植物を探してみましょう!

第1回目は ⇒ Myブログ:亥年にちなんだ植物は? イノコヅチ(猪子槌) と シシウド(猪独活) でした。

第2回目は、イノシシの子供、ウリボウ(瓜坊) 

瓜なら たくさん見つかりそう (*^_^*)♪

珍しいところで、 ウリノキ
2014年6月の白神山地旅行 で 見つけました
 ⇒ Myブログ:ウリノキの花は妖精みたいね



ウリノキの葉


ウリノキ (瓜の木、学名:Alangium platanifolium (Siebold et Zucc.) Harms var. trilobatum (Miq.) Ohwi)
ミズキ科ウリノキ属に分類される落葉小高木-低木の1種。
和名は、葉の形態がウリに似ていることに由来する。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

おなじみは、烏瓜 (カラスウリ と キカラスウリ)

まさに 瓜坊 ⇒ Myブログ:11/10 カラスウリの実


2015年 ⇒ Myブログ:10/12 キカラスウリの実


2008年6月28日 ⇒ Myブログ:キカラスウリの花:葛西臨海公園


    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

アレチウリ 
2011年11月に「御岳ハイキング」 で 見つけました。
 ⇒ Myブログ:アレチウリの黄色の花



アレチウリ (荒れ地瓜、Sicyos angulatus)はウリ科の大型のツル植物で1年生草本。
 
    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2008年10月 ⇒ Myブログ:里山を歩く

畑に転がるウリの実


ウリの花


    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

ウリ科の ヒョウタン(瓢箪)  も仲間に入れて !
2012年10月 ⇒ Myブログ:瓢箪の実



2012年8月15日 ヒョウタンの花 ⇒ Myブログ:ヒョウタンの白い花と実



ヒョウタン (瓢箪、瓢簞、学名:Lagenaria siceraria var. gourda)は、ウリ科の植物。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

ギボウシ ウルイ 瓜菜(うりな) ウリッパ

オオバギボウシ

2014年6月 ⇒ Myブログ:7/2 オオバギボウシ 附属自然教育園


ギボウシは、花壇でも 遊歩道でも よく見かけますね。
2012年6月29日に 川沿いの遊歩道で見た花です、 ⇒ Myブログ:ギボウシの花


 ⇒ Myブログ:ギボウシの花と うるいの料理
スーパーで買って食べました。 (*^_^*)♪


オオバギボウシの若葉はウルイと呼ばれ、山菜として賞味される。
春先の若葉が丸まって立つように生え、葉の色がうり類の皮に似ているので、瓜菜(うりな)が転化したと言われている。
別名としてウリッパ、アマナ、ギンボ、山かんぴょうなどがある。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

★ 年の初めに 亥年の「イノシシ」と「瓜坊」にちなんだ植物を 探しました。

Myブログを 「ウリ」で検索すると 懐かしい写真が! 
 キュウリグサ が一緒に 検索されちゃいますけどね。 (*^_^*)♪


 Myタグ
2015年09月29日 (火) | 編集 |
9/29 上野公園へ行きました。

イチョウ が少し色づいています。

R0015557上野公園のイチョウ_300

銀杏並木は、濃い緑。
R0015558上野公園のイチョウは緑_400

足元には、たくさんのイチョウの実(ギンナン 銀杏)が 落ちています。

R0015560上野公園のたくさん落ちている銀杏_400

R0015559上野公園のたくさん落ちている銀杏_400

モミジはまだ緑です。


秋晴れの空、気持ちのいい午後ですね。


噴水をとりまく花壇にはカラフルな花たち。


今日のお目当ては、国立科学博物館。 7月から楽しみにしていた展覧会です。
Goo5 生命大躍進 Goo5 世界のヒョウタン展

閉館の時間まで目一杯楽しんだら、公園の西郷さんが 見送ってくれました。
R0015563上野公園の西郷さん_400

めも:2015/09/29 CX2 で撮影

こちらをごらんください! 
 ⇒ 「生命大躍進」展 その1~4 ~ Myブログ「パそぼのあれこれフリーク:Part2」
 ⇒ 「世界のヒョウタン展」を見る ~ Myブログ「パそぼのあれこれフリーク:Part2」

 ⇒ Myブログ:ヒョウタン(瓢箪)
 ⇒ ヒョウタンのこと。 ~ Myブログ「Niwa niha Hana」
 

 Myタグ 実.黄色 
2012年10月03日 (水) | 編集 |

団地の庭に、棚があって、ヒョウタン(瓢箪) がたくさんなっています。

RIMG0029瓢箪の実_400.jpg

RIMG0028瓢箪の実_500.jpg

めも:2012/10/01 CX2 で撮影

花の頃、 2012/08/15撮影

 ⇒ Myブログ:ヒョウタンの白い花と実

ヒョウタン (瓢箪、瓢簞、学名:Lagenaria siceraria var. gourda)は、ウリ科の植物。
 葫蘆 (ころ)とも呼ぶ。
なお、植物のヒョウタンの実を加工して作られる容器も「ひょうたん」と呼ばれる。
 Myタグ  
2012年08月21日 (火) | 編集 |
団地の中に、 ヒョウタン(瓢箪) がなっています。

RIMG0017団地のヒョウタン_400.jpg

RIMG0019団地のヒョウタンの実_400.jpg


花も咲いていますよ! って、瓢箪の花が白いってこと 初めて知りました。

RIMG0022団地のヒョウタンの花_400.jpg

RIMG0028団地のヒョウタンの花_400.jpg

夕方だからか、開いている花は少し。明日開く蕾!

RIMG0026団地のヒョウタンの花_400.jpg


大事に育てているんですね。

RIMG0025団地のヒョウタンの実_400.jpg

葉っぱも確認! (*^_^*)♪

RIMG0030団地のヒョウタンの葉_400.jpg

めも:2012/08/15 CX2 で撮影



以前 ヒョウタン細工の展示会で種をもらって植えたことがあります。
すっかり忘れていたけれど、ブログに書いていたので、思い出しました。 (^^ゞ
芽は出たけれど育たなかった・・・。
 ⇒ ひょうたんを植えました 2010年06月15日 ~ Myブログ「Niwa niha Hana」


ヒョウタンといえば、昔は水筒代わり。 戦国の野武士の姿が目に浮かびます。
千成瓢箪は、豊臣秀吉の馬印として有名ですね。

ヒョウタン細工は、みごとでしたよ! → Goolge画像検索結果

 Myタグ
FC2 Management