fc2ブログ
散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2021年11月23日 (火) | 編集 |

雨が降る前に 急いでお出かけした帰り道、
木々の間から紅葉が見え隠れ。

DSC_0134_1122なんじゃ通りの紅葉_400

鮮やかですね。
DSC_0132_1122なんじゃ通りの紅葉_400

並木道、紅葉が頭上を覆います。 
DSC_0133_1122なんじゃ通りの紅葉_400

左は、タブノキとヒトツバタゴの緑

めも:2021/11/22 SW001SH で撮影

 

 Myタグ 場所_散歩.なんじゃ通り 色づいた葉 
2021年10月09日 (土) | 編集 |
植物を観察していると、花が咲いても 実がなったり ならなかったりする木があります。
 環境や育ち方が悪いのかな? など思っていましたが、「雌雄異株」なら、雄株(雄木)には実はなりませんよね。

「雌雄異株の植物」 があることは、以前から知ってはいましたが、いがいと身近な木がそうだとわかってきました。

調べてみると 雌雄異株(雌木と雄木) の植物って多いようです。
 ・ 「雌花が咲き 実がなる雌株」
 ・ 「雄花が咲き 実はならない雄株」
 ・ 更に 「両性花の咲く株」もあります。
   もっと言えば、雌株だけで 結実する木もあるとのこと  o(*'o'*)o

それぞれの植物の生存戦略でしょうが、バラエティ(多様性)があって面白いですね。

★ このブログに載せている 「雌雄異株」 の植物を ピックアップしてみました! 
 (名前のリンクから、それぞれの植物の記事をごらんください。)
といっても、今のところ 雌雄の花が撮れているのは殆どないので、これからよく観察します!

樹木・灌木

・ アオキ 雄花 と 雌花
雄花 

・ アオダモ

・ アカメガシワ  雄花 と 雌花
雄花 雌花

( ・ アケビ 雌雄同株、雌雄異花)
・ イイギリ
・イチイ
・ イチョウ ~ 最近 「銀杏の実は臭いので雌株は植えない」なんてこと聞きました。美味しいのに!
・ イヌガヤ
・ イヌツゲ
・ イヌマキ
・ ウリハダカエデ
・ オリーブ

・ カツラ
・ キウイフルーツ
・ キブシ
(・ キンモクセイ)
・ クロガネモチ
・ ゲッケイジュ ~ 日本に流通しているのはほとんどが雄木
・ ケムリノキ (スモークツリー)

・ サンショウ
・ シマトネリコ
(・ ジンチョウゲ)
・ セイヨウヒイラギ
・ ソヨゴ
・ ソテツ

・ ツゲ

・ ツルウメモドキ ~ 2013年 雄花 と 雌花 ・ 2014年 雄花 と 雌花
雄花 雌花

・ トリネコ類
・ トベラ
・ ヌルデ

・ ハクチョウゲ
・ ハゼノキ
・ ハナイカダ
・ ハマヒサカキ
・ ヒイラギ(柊)
・ ヒイラギモクセイ
・ ヒサカキ
・ ヒトツバタゴ
・ ビワ
・ ポプラ類

・ マキ
・ マタタビ
・ ミヤマシキミ
・ モチノキ (黐の木)
・ モッコク

・ ヤマハゼ
・ ヤマモモ
・ ユズリハ

草・蔓

・ アオツヅラフジ (青葛藤)=カミエビ(神海老)
・ イタドリ
・ カナムグラ
・ シオデ
・ サネカズラ (ビナンカズラ) 雌雄異株、雌雄同株、両性花のいづれにもなる。 
 
・ ヤナギ属 これは、雌雄異株 だそうです。

参考
・ カップルで植えなきゃ結実しない!雌雄異株の庭木9選
・ 雌雄異株の樹木の例 ~ 雌雄異株の悲劇 樹の散歩道
 

 Myタグ 雌雄異株 
2021年10月01日 (金) | 編集 |
20210907_樹木散歩 シリーズ のまとめです

2021/09/07 PowerShot SX730 HS で撮影

各タイトルをクリックして、詳細記事を ごらんください。

エゴノキの実:ロータリー
エゴノキの実

ガマズミの花と実 KK広場
ガマズミの花と実

カリンの実がなる KK広場
カリンの実

クスノキの実 KK広場
クスノキ

ヤブを覆うクズの花 H橋付近
クズの花

クマシデ:リョウブ通り
クマシデ

コムラサキの実:ロータリー
コムラサキの実

N橋のセンダンの実は緑色
センダンの実


ナツツバキの実:リョウブ通り他
ナツツバキの実

ナンキンハゼの実 KK広場
ナンキンハゼの実

ノボタンの花 KN川原
ノボタンの花

ヒトツバタゴの実がつくのは
ヒトツバタゴの実

ムクノキの実は緑色 H橋付近
ムクノキの実

モミジの緑の実と羽根 KK広場
モミジの緑の実

ヤマボウシの実:ロータリー
ヤマボウシの実

リョウブ(令法)の花後
リョウブ



以上、20210907_樹木散歩 シリーズ のまとめです。
 

 Myタグ 場所_散歩.KK広場 場所_散歩.リョウブ通り 場所_散歩.なんじゃ通り 
2021年09月08日 (水) | 編集 |
20210907_樹木散歩 シリーズ

なんじゃ通りには、ヒトツバタゴ がずらりと並んで、春の真っ白の花は楽しみのひとつ。

ところが、これまで実がなっているのは 気づいたことがありません・・・。
まぁ、注意不足なんだろうと たいして気にもしていなかったけれど、
先日、ふと見上げると 緑色の実がなっています。 o(*'o'*)o

9/7 今日こそ写真を! と 出かけたのですが・・・、
ヒトツバタゴを端から順に見ても、実がありません。 !!(>д<)ノ
もう全部 鳥サンに食べられちゃったのかな???

なんと 一番端の木には たくさんの実がなっています!

IMG_1428_0907ヒトツバタゴ、この一本だけ実がなる_400

調べると、ちょっとかわった雌雄異株で、
雄株と、両性異花株(雄花も雌花も咲かせる株)の2種類 あるそうです。

IMG_1430_0907ヒトツバタゴの実_400

IMG_1423_0907ヒトツバタゴの実_400

IMG_1424_0907ヒトツバタゴの実_400

IMG_1427_0907ヒトツバタゴの実_400

めも:2021/09/07 PowerShot SX730 HS で撮影


ヒトツバタゴは、あと数カ所にあるので、実がなっているかチェックしてきます。 (*^_^*)♪

2021/09/08
 S通り北の1本 は実がなっていなかったので、雄株だと思います。
この木です。 ⇒ Myブログ:2020/4/23 ヒトツバタゴの白い花


これまで、雄花と両性花があると知らずに撮った写真のうち、
花ビラの幅が細いのと 少し広めの2種類写っている記事を探しました。
 ⇒ Myブログ:2017年5月3日 ヒトツバタゴの白い花
 ⇒ Myブログ:2016年5月3日 ヒトツバタゴの花

次回(来年春)は、今回実がなっていた木の花だけ、注意して写します。

◆ ヒトツバタゴ (一つ葉タゴ、一つ葉田子、Chionanthus retusus) モクセイ科 ヒトツバタゴ属 
別名 ナンジャモンジャノキ。
雌雄異株であるが、雌花のみをつける株は存在せず、雄花をつける株と、両性花をつける株がある雄株・両性花異株である。
秋に、直径1cm程度の楕円形の果実をつけ、黒く熟す。

ヒトツバタゴの実 ~  ヒトツバタゴは、秋になると、直径が1㎝程度の、完熟のオリーブの実に似た、黒い実をつけます。
一見、食用にもできそうな見た目の実ですが、鳥も食べない、つまり美味しい実ではありません。

参考 
・ ヒトツバタゴ(群馬周辺 樹木散歩)
・ ヒトツバタゴ~だんじりのまち大阪府岸和田市の樹木図鑑
・ 庭木図鑑 植木ペディア > ヒトツバタゴ
・ ヒトツバタゴの特徴や育て方 

 

 Myタグ 場所_散歩.なんじゃ通り 実.緑 
2021年04月24日 (土) | 編集 |
20210423_散歩 シリーズ


今年は、春の花が のきなみ早く咲いています。
ヒトツバタゴ も 見頃かも!

ナンジャ通りでは、例年 GWの頃に見頃になる ヒトツバタゴ、
もう咲いているかと 見に行きました。

細い花が風に揺れています。花をズームで見てみましょう。

IMG_8780_0423ナンジャ通りのヒトツバタゴの花Zoom_500

まだ、5部咲き程度、若葉と白い花が、爽やかです。
IMG_8786_0423ナンジャ通りのヒトツバタゴの木5部咲_400

この並木の一番端は 満開です。
IMG_8798_0423ナンジャ通りのヒトツバタゴの木満開_400

IMG_8800_0423ナンジャ通りのヒトツバタゴ満開の花_400

ヒトツバタゴと タブノキの並木、反対側のツツジもきれいです。
IMG_8776_0423ナンジャ通りのヒトツバタゴの風景_400

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

川沿いの遊歩道 の 入口にある1本のヒトツバタゴ。
びっくりするくらい真っ白。 満開です。

IMG_8729_0423遊歩道入口のヒトツバタゴ満開_400

たくさんの花
IMG_8730_0423遊歩道入口のヒトツバタゴ満開_400

IMG_8731_0423遊歩道入口のヒトツバタゴ満開_400

花と葉
IMG_8726_0423遊歩道入口のヒトツバタゴの花と葉Zoom_400

めも:2021/04/23 PowerShot SX730 HS で撮影

 
ヒトツバタゴ (一つ葉タゴ、一つ葉田子、Chionanthus retusus) モクセイ科 ヒトツバタゴ属 
別名 ナンジャモンジャノキ。
ヒトツバタゴの実 ~ ヒトツバタゴの特徴や育て方
ヒトツバタゴは、秋になると、直径が1㎝程度の、完熟のオリーブの実に似た、黒い実をつけます。
一見、食用にもできそうな見た目の実ですが、鳥も食べない、つまり美味しい実ではありません。

参考 
・ 庭木図鑑 植木ペディア > ヒトツバタゴ
 

 Myタグ 花の色.白 場所_散歩.なんじゃ通り 場所_散歩.川沿いの遊歩道 
2020年04月26日 (日) | 編集 |
20200423_散歩 シリーズ

4/23 ヒトツバタゴの咲く公園に行きました。

足元には、ツルニチニチソウ がたくさん花をつけています。

DSC_0345_0423_S公園北_ツルニチニチソウの花と蕾_400

DSC_0345_0423_S公園北_ヒトツバタゴの下のツルニチニチソウの花_400

めも:2020/04/23 SW001SH で撮影


Myガーデンにも ツルニチニチソウはあるけれど、一つ咲いただけでも感動するぐらい花は少ない。
 ⇒ 3/11 Myガーデン:ベランダの花など ~ Myブログ「Niwa niha Hana」


花壇のツルニチニチソウは、たくさん咲いています。
 ⇒ ツルニチニチソウ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」


 Myタグ 花の色.紫 場所_散歩.S公園 
2020年04月25日 (土) | 編集 |
20200423_散歩 シリーズ

4/23 緑道公園の端の1本の ヒトツバタゴ 

DSC_0340_0423_S公園北_ヒトツバタゴの花満開_400

細長い花びらの白い花
DSC_0340_0423_S公園北_ヒトツバタゴの花と葉_400

満開です。 他の場所の木より早いのかしら?
DSC_0344_0423_S公園北_ヒトツバタゴの花_400

ヒトツバタゴ と 八重桜
DSC_0341_0423_S公園北_ヒトツバタゴと八重桜の花_400

木全体が、真っ白
DSC_0338_0423_S公園北_ヒトツバタゴの花満開_400

めも:2020/04/23 SW001SH で撮影

 

 Myタグ 花の色.白 場所_散歩.S公園 
2020年04月24日 (金) | 編集 |
20200423_散歩 シリーズ

4/23  久しぶりのお散歩。

ヒトツバタゴが一本ある公園の端に行ってみると、
淡いピンクの優雅な花、八重桜(ヤエザクラ) が咲いています。

なんだか嬉しくなりました。  ⇒ Myブログ: 桜(サクラ)

DSC_0342_0423_S公園北_八重桜の花_500

DSC_0342_0423_S公園北_八重桜の花_400

桜の樹の下で、和みます。
DSC_0343_0423_S公園北_八重桜の花_400

ヒトツバタゴの白い花が 傍に咲いています。
DSC_0341_0423_S公園北_ヒトツバタゴと八重桜の花_400

めも:2020/04/23 SW001SH で撮影

 
ヤエザクラ - Wikipedia
八重桜(やえざくら)は八重咲きになるサクラの総称。
ヤマザクラやサトザクラより変化したもので ボタン桜とも呼ばれる。
 

 Myタグ 場所_散歩.S公園 花の色.桃色  桜(サクラ) 
2018年04月26日 (木) | 編集 |
例年 ゴールデンウイークに満開になる ヒトツバタゴの花。

今年は、何でも早く咲くので見逃さないようにしなくては!
一昨日様子を見に行ったら咲き始めていました。

今日は風もなく天気もいいので、カメラをもって散歩がてら 行ってみましょう!

咲いてはいるけれど まだ満開じゃないですね。
R0035712ヒトツバタゴの木_400

R0035732ヒトツバタゴの花_400

R0035733ヒトツバタゴの花_400

R0035733ヒトツバタゴの花Zoom_400

これからもっと咲きますね。
R0035729ヒトツバタゴの木_400

めも:2018/04/26 CX2 で撮影

 

 Myタグ 花の色.白 場所_散歩.なんじゃ通り 
2017年05月03日 (水) | 編集 |
毎年 ゴールデンウイークに咲く花
ヒトツバタゴ (ナンジャモンジャ)

R0026970ヒトツバタゴの花_500

わぁ~、真っ白!
R0026968ヒトツバタゴの花_400

細い花が 繊細なイメージね。
R0026972ヒトツバタゴの花_500

下のほう、幹から直接咲いていました。
R0026965ヒトツバタゴの花_500

風に揺れています
R0026947ヒトツバタゴの風景_400


真っ白な花の下には、ピンクの ツツジ(躑躅)
R0026957なんじゃ通りのツツジ_400 R0026973なんじゃ通りのツツジ_400

めも:2017/05/03 CX2 で撮影

 

 Myタグ 花の色.白 
FC2 Management