散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2017年06月09日 (金) | 編集 |
 → 20170606_鎌倉 シリーズ ・ 20170606_イングリッシュガーデン シリーズ

 石窯ガーデンテラス (イングリッシュガーデン) へ。

面白い形をした薄紫の花、 みんなの花図鑑 で教えてもらいました。

エリンジューム プラナム (エリンジウム)

R0028010エリンジウム の紫の花_400

R0028010エリンジウム の紫の花Zoom

めも:2017/06/06 CX2 で撮影

エリンジウム (Eryngium) は、セリ科ヒゴタイサイコ属の植物。
別名「マツカサアザミ」
エリンジューム プラナム  Eryngium planum

こちらも見てね
 ⇒ 鎌倉の石窯ガーデンテラス(イングリッシュガーデン)へ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」
 ⇒ 6/6 友人と鎌倉プチ旅行 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 
 Myタグ 場所_鎌倉 花の色.紫 はじめて!.花 メモ.わかりました 
2013年11月18日 (月) | 編集 |
企画展「日本のアザミの秘密」

国立科学博物館 日本館 1階 企画展示室 2013/9/18(水) ~ 11/10(日)

面白そうなので、ぜひ行ってみたいです!
アザミといえば日本の秋を代表する植物の一つです。私たちにとって身近なアザミですが、実は日本のアザミは世界でも例をみないほど多様性に富んだ植物なのです。この企画展では、日本のアザミの多様性を実物標本や写真を通じて紹介するとともに、アザミと人の関わりや、研究者がどのような取り組みをしてきたかなどを紹介します。

11/8 行きました。写真を撮ったので、Picasa Webアルバムに大きめにのせています
よかったら見て下さい! スライドショー全画面がおすすめ
 → 2013年11月8日 アザミ展「日本のアザミの秘密」 

( ↓ 小さめのスライドショーです)


日本産のあざみは、なんと150種以上ですって。
これまで、「何あざみ」かなぁ って言っていたのも無理ないね

アザミの分類

(クリックで拡大します)




これまでのブログ写真記事です。
よく見かける割には、写真はあまり撮っていないですね。
 ⇒ アザミ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」


国立科学博物館 附属自然教育園 2012年12月5日

ノハラアザミ(野原薊、Cirsium oligophyllum) キク科アザミ属の多年草。


タイアザミ (大薊)キク科 アザミ属 別名、トネアザミ(利根薊)


御岳ハイキング 2011年11月14日



白いアザミの花 向島百花園 2011年5月15日


始めてのアザミの写真 鎌倉 2006年11月12日


アザミ - Wikipedia
・ アザミについて、
アザミ(薊)は、キク科アザミ属 (Cirsium) 及びそれに類する植物の総称。
世界に250種以上があり、北半球に広く分布する。
地方変異が非常に多く、日本では100種以上あるとされるが、現在も新種が見つかることがある。
さらに種間の雑種もあるので、分類が難しい場合もある。
 ☆ ノアザミ C. japonicum DC.:春のアザミは大体これと考えてよい。 本州~九州。
 ☆ ノハラアザミ C. tanakae :秋に花を咲かせる。 本州中部地方以北の山地。

・ 近縁な群について
アザミ属の植物とよく似ていたり、名前に「アザミ」が付いたりするが、アザミ属の植物でない物もある (ヒレアザミ、キツネアザミ、ミヤコアザミ、マツカサアザミ、ルリタマアザミなど)。
また、トウヒレン属やヒゴタイ属もよく似た花を咲かせる。
ゴボウも花はよく似ている。
チョウセンアザミ(アーティチョーク)はアザミ属ではなく、チョウセンアザミ属である。

その他のイベント情報はこちらを見てね!
イベント情報 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 Myタグ
2011年05月19日 (木) | 編集 |

アザミ と簡単に考えていたら、「アザミ」は総称。 
日本には100種ものアザミがある ということがわかり 文字を打つ手が 止まってしまった。
とはいえ、「向島百花園」でもらった 「お花の実ごろ情報」には、「アザミ」とあったので、
 ここはひとまず あまり深く考えないようにしよう。

春に咲く普通のアザミは、「ノアザミ」です。
 ノアザミ (野薊) キク科アザミ属の多年草。

園内にはたくさんのアザミが! ピンク、紫、 白いのもあるよ。

ググッ~~ とズームしちゃいました。

P5150408アザミピンク超Zoom_400.jpg

P5150416アザミ白超Zoom_400.jpg

P5150406アザミピンク超Zoom_400.jpg


ピンク や 紫

P5150397アザミピンク_300.jpg

P5150399アザミピンク蕾_400.jpg

P5150408アザミ_400.jpg

P5150406アザミピンク_400.jpg

P5150407アザミピンクZoom_400.jpg



白いアザミは、初めて!

P5150414アザミ白とピンク_400.jpg

P5150428アザミ白_300.jpg

P5150416アザミ白Zoom_400.jpg


めも:2011/05/15 SP570UZ で撮影

タグ ~ 白い花 桃色の花 向島百花園 はじめて! 紛らわしい


[READ MORE...]  Myタグ 花の色.白 花の色.桃色 メモ.紛らわしい 場所_向島百花園 はじめて!.花 
2010年07月26日 (月) | 編集 |
おもしろい花を、花壇で見つけた!
なんだかわからなかったので、『紫の丸い花』 で検索したら 
一発! 当たり~。 ヒゴタイ です。

ヒゴタイ (平江帯・肥後躰) キク科ヒゴタイ属の多年生植物。

RIMG0311ヒゴタイ_400.jpg

RIMG0314ヒゴタイ_400.jpg

RIMG0313ヒゴタイ_400.jpg

RIMG0315ヒゴタイZoom_400.jpg

葉はアザミに似て切れ込みがあり、棘があるそうですよ。
RIMG0311ヒゴタイの葉と茎_400.jpg

めも:2010/07/22 CX2 で撮影

タグ ~ はじめて! 紫の花

 Myタグ 花の色.紫 .花 はじめて!.花 
2006年11月17日 (金) | 編集 |
これも、鎌倉宮で見つけた花。

アザミみたいだけど? なんか花がフワフワしている

タイアザミ (トネアザミ) かもしれません。 以下のコメントを見てください。
~ Myブログ「花とおしゃべり」

R0020105_あざみ何320


めも:2006/11/12 鎌倉宮にて Ca GXで撮影

アザミ - Wikipedia
・ アザミについて、
アザミ(薊)は、キク科アザミ属 (Cirsium) 及びそれに類する植物の総称。
世界に250種以上があり、北半球に広く分布する。
地方変異が非常に多く、日本では100種以上あるとされるが、現在も新種が見つかることがある。
さらに種間の雑種もあるので、分類が難しい場合もある。
 ☆ ノアザミ C. japonicum DC.:春のアザミは大体これと考えてよい。 本州~九州。
 ☆ ノハラアザミ C. tanakae :秋に花を咲かせる。 本州中部地方以北の山地。

・ 近縁な群について
アザミ属の植物とよく似ていたり、名前に「アザミ」が付いたりするが、アザミ属の植物でない物もある (ヒレアザミ、キツネアザミ、ミヤコアザミ、マツカサアザミ、ルリタマアザミなど)。
また、トウヒレン属やヒゴタイ属もよく似た花を咲かせる。
ゴボウも花はよく似ている。
チョウセンアザミ(アーティチョーク)はアザミ属ではなく、チョウセンアザミ属である。

参考 : 日本の高山のアザミ 15種 ~ 国立科学博物館

タイアザミ
大きい薊という意味. タイアザミ  トゲが鋭く、さわると大変痛い
花の咲く時期がずいぶん遅く、寒くなってからでも咲いている
葉の切れ込みが深く、葉や総苞片の刺が太くて長い。
参考 タイアザミ 別名 トネアザミ 
 Myタグ 花の色.桃色 これは何??_花  はじめて!.花 
2006年03月04日 (土) | 編集 |
2013年2月27日 作成しました。 (表示の都合で、過去の日付に変更しています)

文字の検索ですから、検索文字が含まれる記事はすべて表示されます。
右サイドバーの 「ブログ内検索」 と同じです。
 ⇒ 樹木・潅木編 

 このブログのキーワード検索 草・蔓など編     


アオイスミレ
アカツメクサ
アカバナユウゲショウ
アガパンサス
アカンサス
アキノノゲシ
アケビ
アサガオ
アザミ
アシ
アシタバ
アズマイチゲ
アブチロン
アマドコロ
アメリカフウロ
アヤメ
アレチウリ
アレチハナガサ
アワコガネギク
イヌタデ
イヌビエ
イヌホオズキ
イノコヅチ
イブキトラノオ
インドハマユウ
ウイキョウ
ウスジロカントウタンポポ
ウバユリ
ウマノアシガタ
ウラシマソウ
エゾミソハギ
エノコログサ
エビネ
エリカ
オオイヌタデ
オオイヌノフグリ
オオオナモミ
オオキバナカタバミ
オオジシバリ
オオハナワラビ
オオバンソウ
オオヘラバコ
オカメザサ
オギ
オシロイバナ (ユウゲショウ) 
オニタビラコ
オニノゲシ
オボロヅキ (ベンケイソウ)
オミナエシ
オランダミミナグサ
---------
ガザニア
カタバミ
ガマ(蒲)
カミエビ
カラスウリ
カラスノエンドウ
カラムシ
カワラケツメイ
カワラサイコ
カンスゲ
カントウタンポポ
カンナ
キカラスウリ
キキョウソウ
キク
キケマン
ギシギシ
キショウブ
キチジョウソウ
キツネノボタン
キバナコスモス
キバナマーガレット
ギボウシ
キミガヨラン
キュウリグサ
キランソウ
キンギョソウ
キンシバイ
キンポウゲ
キンミズヒキ
ギンラン
クコ
クサノオウ
クズ
クスダマツメクサ
クマガイソウ
クリスマスローズ
コウテイダリア
コエビソウ
コエンドロ
コセンダングサ
コチャルメルソウ
コバンソウ
コメツブツメクサ
---------

サクラマンテマ
サネカズラ
サラシナショウマ
サワヒヨドリ
ジギタリス
ノジシャ (ノヂシャ)
シナガワハギ
シモバシラ
シャガ
シャクチリソバ
シュウカイドウ
ジュウニヒトエ
ジュズダマ
シラー・ペルビアナ
シライトソウ
シラユキゲシ
シロツメクサ (シロツメグサ) 
シロバナタンポポ
シロバナマンテマ
シロヤマブキ
シロヨメナ
スイカズラ
スイセン
スイチョウカ
スイバ (スカンポ)
スゲ
スズメノエンドウ
スズメノカタビラ
スズラン
スミレ
セイタカアワダチソウ
ゼニアオイ
セリバヒエンソウ
セントウソウ
---------
ダイコンソウ
ダイズ
タカサブロウ
タカトウダイ
タケニグサ
タコノアシ
タチアオイ
タチイヌノフグリ
タチツボスミレ
タツナミソウ
タネツケバナ
タマスダレ
タンポポ
チゴユリ
ツキミソウ
ツタバウンラン
ツユクサ
ツリフネソウ
ツルソバ
ツルニチニチソウ
ツルボ
ツワブキ
テイカカズラ
テンニンギク
トキワツユクサ
トクサ
トケイソウ
トネハナヤスリ
トボシガラ
トラノオスズカケ
---------
ナガホノシロワレモコウ
ナガミヒナゲシ
ナズナ
ナツユキカズラ
ナノハナ
ニシキソウ
ニラ
ニリンソウ
ニワゼキショウ
ネコノメソウ
ノアサガオ
ノウルシ
ノゲシ
ノササゲ
ノシラン
ノビル
ノブキ
ノボロギク
---------

バイカイカリソウ
ハキダメギク
ハコベ
ハス
ハゼラン
ハナウド
ハナヅルソウ
ハナネコノメ
ハマゴウ
ハマボウ
ハマユウ
ハルジオン
ハルノノゲシ
ハンゲショウ
ヒガンバナ
ヒゴタイ
ヒトリシズカ
ヒマワリ
ヒメオドリコソウ
ヒメジョオン
ヒメスイバ
ヒメツルソバ
ヒャクニチソウ
ヒョウタン
ヒヨドリジョウゴ
ヒルガオ
ヒルザキツキミソウ
ビロードモウズイカ
フウセンカズラ
フウセントウワタ
フタリシズカ
ブローディア
ヘクソカズラ
ベニバナボロギク
ヘビイチゴ
ヘラオオバコ
ホウキギク
ホウチャクソウ
ホトケノザ
ホトトギス
---------
マツヨイグサ
マムシグサ
マリーゴールド
マンネングサ
ミズカンナ
ミゾソバ
ミソハギ
ミツバアケビ
ミミナグサ
ミヤコグサ
ムクゲ
ムサシアブミ
ムベ
ムラサキケマン
ムラサキサギゴケ
ムラサキツメクサ
ムラサキツユクサ
ムラサキハナナ
メマツヨイグサ
メドハギ
モジズリ
モモイロヒルザキツキミソウ
---------
ヤクシソウ
ヤセウツボ
ヤブガラシ
ヤブカンゾウ
ヤブヘビイチゴ
ヤブマオ
ヤブミョウガ
ヤブラン
ヤマアジサイ
ユウゲショウ
ユッカラン
ユリ
ユリワサビ
ヨウシュヤマゴボウ
ヨゴレネコノメ
ルドベキア
ワルナスビ

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

以前作っていたのは、2010年から更新していなかった上に、
文字コードが変わってリンクできなくなったので、新しく作り直しました。
しばらくしたら、日付の後ろの方に移動します!

 Myタグ
FC2 Management