散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2018年04月15日 (日) | 編集 |
20180414_自然観察会シリーズ

2018年4月14日  遺跡庭園 縄文の村  自然観察会 に参加しました。
(多摩市文化振興財団・東京都埋蔵文化財センター 共催事業)

講師:仙仁 径 氏 (パルテノン多摩 学芸員)

講師のお話がすごく面白く 予定の時間をオーバーしての楽しい講座でした。

遺跡庭園 縄文の村 入口
R0035469遺跡庭園 縄文の村_400

自然観察会 スタート
R0035196観察会スタート_400

一面に咲く イチリンソウの白い花
R0035222イチリンソウ_400
めも:2018/04/14 CX2 で撮影


見た植物のリストを作りました。 (*配布資料にのっていない植物)
まずは、これまでにみた写真記事へのリンクを貼りました。

*アカシデ
アカメガシワ トウダイグサ科
アケビ アケビ科
ガマズミの蕾 レンプクソウ科
*クサボケの花
シロダモの新芽 クスノキ科 
*トチノキの花
ホオノキ モクレン科
ヤブデマリの蕾 レンプクソウ科
ヤマモミジ カエデ科

*コナラの落ちた花
*クヌギの落ちた花
*オニグルミの落ちた花

ゼンマイ ゼンマイ科
クサソテツ イワダンデ科
ワラビ コバノイシカグマ科

アマドコロの花 キジカクシ科
イチリンソウの花 キンポウゲ科
*イカリソウの花
ウラシマソウの花 サトイモ科
*エビネの葉
カキドオシの花 シソ科
カラスノエンドウの花 マメ科
キュウリグサの花 ムラサキ科
キランソウの花 シソ科
シャガの花 アヤメ科
シュンランの花 ラン科
タマノカンアオイの花 ウマノスズクサ科
ニリンソウの花 キンポウゲ科
*ノビルの花
*ハナイバナの花
ムラサキケマンの花 ケシ科
*ヤエムグラの小さな花
ユキザサ ユリ科


これから個別の写真記事を書きますね。
 
観察会の後は、展示ホールで縄文時代の遺物などを見て回ります。
・ 平成30年度企画展示 『蒼海(うみ)わたる人々 考古学から見たとうきょうの島々』

ランチの後は、パルテノン多摩へ行ってみましょう!
 お目当ては、「マジックサウンドルーム」 での実演です。

楽しく過ごしました。


 Myタグ 場所_縄文の村 
2018年04月05日 (木) | 編集 |
昨日(4/4)見たTV新番組
又吉直樹のヘウレーカ! 「なぜ植物はスキマに生えるのか?」
登場したのは、日本の植物学者 塚谷 裕一 さん。
又吉直樹さんと二人で 街中の隙間を探索します。

お~お~、なじみ深い植物が続々登場ですよ。

というわけで、TVに登場した植物を 探してみましょう。
以下にのせましたが、どれも 公園や原っぱで咲いているものがほとんどで、
隙間の写真はなかなか無いです・・・。

ホトケノザ (仏の座の上に仏さまが並んでる)
2015/03/01~03/05_長崎旅行 シリーズ


ハコベ


ナズナ 「ペンペングサ」
花の茎を指で回すと実同士がぶつかってペンペンペンペンって音がする。
3/16 日比谷公園


オランダミミナグサ
2007/3/23


アレチノギク
20160909_散歩 シリーズ


タネツケバナ
これが咲きだしたらもう気温が緩んできたっていう証拠なので
農家の方が種もみの準備をする目安になる。
3/16 日比谷公園


20150313_散歩
カラスノエンドウ



スズメノエンドウ
20170424_散歩 シリーズ


タンポポ
2013年4月1日 日比谷公園シリーズ


カタバミ 黄色い花
「カタバミ」とは、カタバミ科カタバミ属の多年草
2009/06/16
 


オオバコ
道の真ん中に生えて踏みつけられても元気なんですって。

2007/4/1
オオバコの写真は無くて、たくさんとっているのが ヘラオオバコ
 

ヘラオオバコ(箆大葉子) は、ヘラのように細長い葉をもったオオバコの仲間、

ツメクサ は、見ているかもしれないけれど、気づいていません。(写真もなし)
葉っぱがすごく細くてちょっと爪を切ったときの爪の端っこのように見えるとか
あるいはたくさん集めて詰め物にしたとか。
ツメクサ(爪草、学名:Sagina japonica (Sw.) Ohwi)は、ナデシコ科ツメクサ属

クローバーで親しまれいるのシロツメクサ(白詰草、学名:Trifolium repens)は、別物ですね、
クスダマツメクサ(薬玉詰草、学名: Trifolium campestre)、コメツブツメクサ(米粒詰草、学名: Trifolium dubium)は
マメ科シャジクソウ属

クローバーと葉が似ているのがカタバミ
「カタバミ」とは、カタバミ科カタバミ属の多年草

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

そのほか、隙間に生えている植物の写真


参考 
スキマの植物その 1 ・ その2  | いのちの森 voice of forest- TOKYO FM 80.0MHz
スキマに生える植物のお話をしていただきました - NEC presents THE FLINTSTONE

又吉直樹のヘウレーカ! 「なぜ植物はスキマに生えるのか?」
身近にある「いわれてみればなぜ?」という小さな疑問を又吉直樹が解き明かし、奥に広がる深~い世界を味わう教養バラエティー。
第1回は「なぜ植物はスキマに生えるのか」
アスファルトやコンクリートのスキマに生える小さな草花たち。
なんでわざわざ窮屈そうなところに生えるのか? 
植物学者の塚谷裕一さんは、都会に生きる植物にとってスキマはパラダイスだという。
ほかの草が新規参入しづらいため、スキマの植物は日光を独占できる。
またアスファルトの下の土は湿っているので水分補給も容易。

◆オオバコ驚きのスキマ戦略
山田駿佑君が登場。
小学4年生の時の自由研究「オオバコはなぜ道のまん中に生えているのか?」を紹介。

◆なぜ神社仏閣のオオバコは小さいのか?
『本草図譜』 「神社仏閣型オオバコ」
由緒正しい歴史ある神社仏閣では、長年に渡って草むしりで抜かれてきたため
目立たないように小さくなり極小のオオバコへと進化した。

◆ 出演者二人のオオバコで一句で締めくくられた 

 Myタグ
2017年04月14日 (金) | 編集 |
 → 20170414_眼鏡岩 シリーズ

西連寺 の階段の脇に 小さな花。
ハナイバナ
DSC_0099西連寺の階段の白い花ハナイバナZoom_500

DSC_0099西連寺の階段の白い花ハナイバナ_500
めも:2017/04/14 SW001SH で撮影


R0026456西連寺階段下_400
めも:2017/04/14 CX2 で撮影


ハナイバナ (葉内花)  Bothriospermum tenellum  ムラサキ科 ハナイバナ属

参考 キュウリグサとハナイバナ 野の花散歩
 

 Myタグ 場所_九州.長崎 花の色.白 はじめて!.花 
2010年04月14日 (水) | 編集 |
カメラ倶楽部:2010/04/11

勿忘草にそっくりのミニサイズの花なんだけれど、小さすぎてルーペで見たい!
キュウリグサかしら。
 似た花に! 瑠璃草がありますが、違うね。 (ムラサキ科 ルリソウ属 日本に自生)

とにかく 地面をしっかり観察すると、よく生えています。 あぁ~気になる~。
小さすぎて 写真も ぼけぼけ・・・。

キュウリグサ でしょう

RIMG0281何ワスレナグサ風の青い花?_400.jpg

RIMG0279何ワスレナグサ風の青い花?_300.jpg

虫がついている・・・。 !!(>д<)ノ

RIMG0127ワスレナグサの仲間?花とアブラムシ_400.jpg

RIMG0126ワスレナグサの仲間?葉_400.jpg


参考までに、こちらは、花壇の ワスレナグサ。

RIMG0193ワスレナグサ_400.jpg

RIMG0194ワスレナグサ_400.jpg


RIMG0195ワスレナグサZoom_400.jpg

めも:2010/04/11 CX2 で撮影

フリー百科事典 『ウィキペディア(Wikipedia)』 で調べると
・ ワスレナグサ ムラサキ科 ワスレナグサ属
おもな種
 シンワスレナグサ (ワスレナグサ) Myosotis scorpioides
 ノハラワスレナグサ Myosotis alpestris
 エゾムラサキ (ミヤマワスレナグサ) Myosotis sylvatica
 ノハラムラサキ Myosotis arvensis
 ハマワスレナグサ Myosotis discolor Pers

ワスレナグサ(勿忘草、忘れな草)は、広義には、ムラサキ科ワスレナグサ属の種の総称。
狭義には、ワスレナグサ属の一種、シンワスレナグサ(学名:Myosotis scorpioides)の和名。
ただし、園芸業界でワスレナグサとして流通しているのは、
ノハラワスレナグサ(学名:Myosotis alpestris)、エゾムラサキ(学名:Myosotis sylvatica)、
あるいはそれらの種間交配種である。
一般には、広義の意味で称される。

・ キュウリグサ 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
キュウリグサ  別名 タビラコ ムラサキ科 キュウリグサ属

キュウリグサ(胡瓜草、Trigonotis peduncularis)は ムラサキ科キュウリグサ属の雑草。
和名は、葉をもむとキュウリのようなにおいがすることに由来する。
タビラコともいうが、キク科の「こおにたびらこ」と紛らわしい。
ムラサキ科の雑草としては、もうひとつ ハナイバナ がある。
いずれもごく小さなワスレナグサの花がつくが、キュウリグサは細長い穂が特徴。

 → キュウリグサ VS ハナイバナ

参考:  オンファロデス属はワスレナグサに似た植物で、仲間には日本に自生する 「ルリソウ」 があります。
 → 花ごよみ : ルリソウ(瑠璃草)


 Myタグ 花の色.青 メモ.紛らわしい メモ.小さな花 はじめて!.花 
FC2 Management