FC2ブログ
散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2017年04月28日 (金) | 編集 |
→ 20170424_散歩 シリーズ

ムラサキサギゴケ は、雑草の中では 別物って感じ。

P4240146ムラサキサギゴケ?_400

小さい割には 凝ったデザインで おしゃれな花なんですけど。
イマイチきれいに撮れませんでした・・・。

P4240147ムラサキサギゴケ?_400

めも:2017/04/24 SP570UZ で撮影

ムラサキサギゴケ(紫鷺苔、Mazus miquelii)は、ハエドクソウ科の多年草。別名、サギゴケ(鷺苔)。
 

 Myタグ 花の色.紫 場所_散歩.A川原 
2016年07月26日 (火) | 編集 |
→ 20160702_附属自然教育園 シリーズ

2016年7月2日(土) 午後、国立科学博物館 附属自然教育園 (白銀台) に行きました。

こちらも見てね。
附属自然教育園へ行く ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
その前に行ったのは、
7/2 「インターメディアテク」に行く ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

附属自然教育園 の入り口には 今の見どころのポスターが貼ってあります。



カワセミの子育ての様子の 写真と動画の展示中! ラッキー。


附属自然教育園 の 全体 マップです。
R0021215全体マップ_500

めも:2016/07/02 CX2 で撮影


見た花を、このブログに 順次載せています。 以下にまとめました。 (31記事)
  は、見ごろ情報に掲載の花、 (ハグロソウだけは、見つからなかった・・・。)

見た花のリスト  (あいうえお順)

 ・ アキノウナギツカ
 ・ アサザの黄色い花
  イヌヌマトラノオ と オカトラノオ  と ヌマトラノオ
 ・ オオバギボウシの葉と花 附属自然教育園  
 ・ オニスゲの実?

 ・ ガマズミの実
 ・ カラタチバナの白い花
 ・ クサフジの花
 ・ ゴンズイの実

 ・ サガミランがひっそりと
 ・ シオデの雄花
 ・ シロネの小さい白い花

  タカトウダイ:花から実へ
  タケニグサの花
  チダケサシのピンクの花
 ・ トモエソウの実
 

 ・ ナワシロイチゴの実
 ・ ニワトコの木と謎の隣の木の花
 ・ ニガクサのピンクの花
  ノカンゾウとヤブカンゾウのオレンジ色の花 

 ・ ハエドクソウとミズヒキの小さな花
 ・ ハンゲショウの白い葉

 ・ マツカゼソウ
 ・ マユミの実、トベラの実
 ・ ミソハギのピンクの花
 ・ ムサシアブミ

 ・ ヤブマオ
  ヤブミョウガの白い花
 ・ ヤブレガサ、モミジガサ
 ・ ヤマハッカ 附属自然教育園

 ★ コシアキトンボとオオシオカラトンボ 


→ 附属自然教育園 見ごろ情報 2016.6.30

附属自然教育園に咲く花たち、半月前(一昨年)と比べて見ましょう。
→ 2014年6月15日の附属自然教育園シリーズ
 
これまでも、何回か行っている、お気に入りの植物園です。
・ 2013年9月22日の附属自然教育園シリーズ
・ 2012年12月5日の附属自然教育園シリーズ
・ 2010年10月14日の附属自然教育園シリーズ


 Myタグ 場所_附属自然教育園 
2016年07月08日 (金) | 編集 |
→ 20160702_附属自然教育園 シリーズ

7/2 午後、附属自然教育園に行きました。
こちらも見てね。 ⇒ 附属自然教育園へ行く ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

小さな花が咲いています。

ハエドクソウ です。

R0021027ハエドクソウ名札_400

こうしてみると キレイでしょ。
R0021029ハエドクソウの花Zoom_500

R0021028ハエドクソウの花_500

あの小さなミズヒキの花と 同じくらいの大きさ
R0021034ハエドクソウとミズヒキの花_400

日の余り当たらない林床に生育します。
R0021027ハエドクソウの風景_400

めも:2016/07/02 CX2 で撮影

ハエドクソウ (蠅毒草) ハエドクソウ科ハエドクソウ属 学名:Phryma leptostachya var.asiatica
強い毒性があり、ハエに限らず多くの昆虫類の駆除に有効であることが実験で確認されています

参考 ハエドクソウ (蠅毒草)  多摩の緑爺の「多摩丘陵の植物と里山の研究室」

→ 附属自然教育園 見ごろ情報 2016.6.30

附属自然教育園に咲く花たち、半月前(一昨年)と比べて見ましょう。
→ 2014年6月15日の附属自然教育園シリーズ
 
これまでも、何回か行っている、お気に入りの植物園です。
・ 2013年9月22日の附属自然教育園シリーズ
・ 2012年12月5日の附属自然教育園シリーズ
・ 2010年10月14日の附属自然教育園シリーズ
 

 Myタグ 場所_附属自然教育園 花の色.白 はじめて!.花 
2015年03月15日 (日) | 編集 |

偶然ホナの花の写真の隅に写っていたのは

ムラサキサギゴケ

川のそばの原っぱ。 葦原の向こうは荒川。

P3130164ムラサキサギゴケの花_400

P3130196荒川べりの風景_400

めも:2015/03/13 SP570UZ で撮影

ムラサキサギゴケ(紫鷺苔、Mazus miquelii)は、ハエドクソウ科の多年草。別名、サギゴケ(鷺苔)。


 Myタグ 花の色.紫 場所_散歩.A川原 
2014年06月26日 (木) | 編集 |
→ 201406_白神山地の植物 シリーズ

2014年6月26日 「白神山地 くろくまの滝」へ 行きました。
 ⇒ 白神山地旅行 くろくまの滝 ~ 千畳敷海岸

見た植物の リストです。  ⇒ Myブログ:白神山地旅行の植物

渓流のそばの山道を歩いていると、うっかり通り過ぎそう・・・。

RIMG0106ミゾホオズキの風景_400

小さな黄色い花。 マタギさんが ミゾホオズキ といったような・・・。
でも Web検索で見る「ミゾホウズキ」と花の形が違っている。
何の花でしょうか? 

2015/09/01 分かりました。 コナスビ
「みんなの花図鑑」で教えてもらいました。
白神山でしか混られないなんてことは全くなくって
「日本全土の道ばたや庭にふつうに見られる。」 んだそうです。 (*^_^*)♪

RIMG0107ミゾホオズキ_400

RIMG0108ミゾホオズキ_400

RIMG0109ミゾホオズキの花_400

RIMG0110ミゾホオズキの花_400

めも:2014/06/26 CX2 で撮影

コナスビ(小茄子) 学名は、Lysimachia japonica サクラソウ科オカトラノオ属

参考 コナスビ(小茄子) ~ 松江の花図鑑

ミゾホオズキ(溝酸漿、学名:Mimulus nepalensis )は、ハエドクソウ科 ミゾホオズキ属の多年草。
日本では、北海道、本州、四国、九州に分布し、山野の水湿地、湧水のほとり、溝などに生育する。

旅行記シリーズは、こちらから ⇒ 白神山地旅行 くろくまの滝 ~ 千畳敷海岸

参考
・  白神山地ミニ植物図鑑索引 ~ 東北森林管理局  藤里森林生態系保全センター 林野庁
  開花季節別索引 梅雨 ・  
・ 「世界遺産白神山地」-白神山地のご案内-動植物-植物
・ 白神山地の植物 - 白神NetWalker ~白神情報ターミナル~


 Myタグ 花の色.黄色 場所_白神山地 はじめて!.花 メモ.わかりました 
FC2 Management