FC2ブログ
散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2020年07月28日 (火) | 編集 |
20200718_散歩 シリーズ


7/18 大きな ヒマワリ の花 が並んでいます。

その中で スキッと立った1本
DSC_0714_0718ヒマワリの大きな花_400

葉っぱも水平に広がってきれいです。
DSC_0715_0718ヒマワリの大きな花_400

こどものころからおなじみの花、ヒマワリ。 夏ですね。

DSC_0715_0718ヒマワリの大きな花CUT_400

めも:2020/07/18 SW001SH で撮影

 
ヒマワリ (向日葵、学名:Helianthus annuus) キク科・ヒマワリ属


 Myタグ 花の色.黄色 場所_散歩.S公園 
2020年06月23日 (火) | 編集 |
先日 アザミ のすごい綿毛を見つけた公園の花壇。

 ⇒ Myブログ:6/7 アザミの綿毛がすごい
綿毛は飛んでいったらしく 全く無くて 花が咲いていました。

「アメリカオニアザミ(セイヨウオニアザミ)」 らしいです。

DSC_0558_0616ナンジャ通りのアザミの花_400

花をズームで見てみましょう!
DSC_0558_0616ナンジャ通りのアザミの花Zoom_400

どこを触っても 痛そうです。
DSC_0555_0616ナンジャ通りのアザミの花_400

葉はこんなです。
DSC_0557_0616ナンジャ通りのアザミの葉_400

撮影に夢中になって 棘を触らないように!
DSC_0556_0616ナンジャ通りのアザミの風景_400

めも:2020/06/16 SW001SH で撮影

 
アメリカオニアザミ (学名: Cirsium vulgare)はキク科アザミ属の多年草。
日本には本来分布していない外来種。
和名に「アメリカ」とあるがヨーロッパ原産のアザミであり、誤解をさけるためセイヨウオニアザミと呼ばれることがある。
アメリカオニアザミは非常にするどいトゲを持った植物です。
繁殖力が強く、在来の植物の生育場所を奪うなどの影響を与える可能性があります。
 

 Myタグ 花の色.紫 場所_散歩.なんじゃ通り 
2020年06月18日 (木) | 編集 |
20200607_散歩 シリーズ

道路沿いの花壇、
長い期間無造作に咲く花たちも、よく見ると きれいです。

テンニンギク 

IMG_2199_0607テンニンギクの花_500

IMG_2197_0607テンニンギクの花_400

めも:2020/06/07 PowerShot SX730 HS で撮影


テンニンギク  (天人菊)  キク科  テンニンギク属
別名 インディアンブランケット  (Indian blanket)、サンダンス  (Sundance)
ガイラルディア (Gaillardia)、ブランケットフラワー (Blanketflower) ともいうが これらは正確にはテンニンギク属の総称であり、この属のオオテンニンギクや改良品種なども同様に呼ばれる。
[READ MORE...]  Myタグ 花の色.橙色 場所_散歩.なんじゃ通り 
2020年06月14日 (日) | 編集 |
20200607_散歩 シリーズ

ふと見ると、白いモシャモシャしたものが o(*'o'*)o
なにかの綿毛??
IMG_2202_0607アザミの花と綿毛_400

傍に咲くのは アザミ の花。
IMG_2203_0607アザミの花_400

じゃぁこれは アザミの花後
IMG_2204_0607アザミの花後_400

そして アザミの綿毛
IMG_2204_0607アザミの綿毛_400

きれいですね。
風にのって飛びたとうとしています~~~。

IMG_2205_0607アザミの綿毛_500

アザミは種類が多くて難しい。 「アザミ 綿毛」 で検索すると
「アメリカオニアザミ(セイヨウオニアザミ)」 というのが似ています。

めも:2020/06/07 PowerShot SX730 HS で撮影


アメリカオニアザミ (学名: Cirsium vulgare)はキク科アザミ属の多年草。
日本には本来分布していない外来種。
和名に「アメリカ」とあるがヨーロッパ原産のアザミであり、誤解をさけるためセイヨウオニアザミと呼ばれることがある。
アメリカオニアザミは非常にするどいトゲを持った植物です。
繁殖力が強く、在来の植物の生育場所を奪うなどの影響を与える可能性があります。

参考 6~8月の花 アザミ(薊) 綿毛 アメリカオニアザミ ~ K  U  R  A  D  A  S  H  I

2013年11月に行った国立科学博物館の企画展は面白かった。
 ⇒ Myブログ:企画展「日本のアザミの秘密」へ行こう
 
日本産のあざみは、なんと150種以上ですって。
さらに 外国のアザミも入ってきているとなると・・・。 o(*'o'*)o
 

 Myタグ 花の色.紫 綿毛 場所_散歩.なんじゃ通り 
2020年05月10日 (日) | 編集 |
20200507_A川原 シリーズ

今どき 草むらや道端などでよく見かける可愛い花
ハルジオン 

IMG_1514_0507ハルジオンの風景_300

ピンクと黄色の取り合わせが 絶妙におしゃれ。
IMG_1517_0507ハルジオンの花_400

ズームで見てみましょう!
IMG_1517_0507ハルジオンの花Zoom_500

めも:2020/05/07 PowerShot SX730 HS で撮影

 
ハルジオン(春紫菀、学名:Erigeron philadelphicus L.)は、キク科ムカシヨモギ属
 

 Myタグ 花の色.桃色 場所_散歩.A川原 
2020年05月09日 (土) | 編集 |
20200507_A川原 シリーズ


タンポポ は、花より 綿毛が 目立ちます。

IMG_1522_0507タンポポの綿毛_400

半分飛んでったかな。
IMG_1520_0507タンポポの綿毛_400

まん丸の綿毛
IMG_1524_0507タンポポの綿毛Zoom_400


めも:2020/05/07 PowerShot SX730 HS で撮影

 
タンポポ (蒲公英) 学名: Taraxacum キク科タンポポ属


 Myタグ 場所_散歩.A川原 綿毛 
2020年05月08日 (金) | 編集 |
20200507_A川原 シリーズ

おなじみの シロツメクサとアカツメクサ、アチラコチラでかたまって咲いています。

シロツメクサ

IMG_1530_0507シロツメクサの花_400

真上から ズームで見てみましょう!
IMG_1469_0507シロツメクサの花_500

IMG_1468_0507シロツメクサの花_400

IMG_1470_0507シロツメクサの花_400

小道に沿って咲いています。 (ここには ヤセウツボは見当たりません)
IMG_1529_0507シロツメクサの風景_400


アカツメクサ

IMG_1467_0507アカツメクサの花Zoom_400

真上から見ると。
IMG_1444_0507アカツメクサの花Zoom_400

隣にヤセウツボ、やばい! !!(>д<)ノ
IMG_1445_0507アカツメクサの花とヤセウツボの花_400

葉っぱも見てね。
IMG_1441_0507アカツメクサの花_400

こんなふうに、かたまって咲いています。
IMG_1510_0507アカツメクサの花_400

めも:2020/05/07 PowerShot SX730 HS で撮影

シロツメクサ(白詰草、学名:Trifolium repens)は、マメ科 シャジクソウ属の多年草。
 別名、クローバー。

ムラサキツメクサ(紫詰草、学名:Trifolium pratense) は、 マメ科 シャジクソウ属(Trifolium属)
 クローバー(ツメクサ)の一種、和名ではアカツメクサとも、一般に赤クローバーとも呼ばれる。

こちらも見てね。 ⇒ Myブログ:5/7 ヤセウツボの花
 ヤセウツボは、主にマメ科やキク科の植物に寄生します。
特にマメ科のシャクジソウ属を好むので、アカツメクサやシロツメクサの群生のなかで見られることが多くあります。
 
 Myタグ 花の色.白 花の色.桃色 場所_散歩.A川原 
2020年05月08日 (金) | 編集 |
20200507_A川原 シリーズ

自宅でじっと過ごした連休が終わって、平日の昼下がり、川辺に散歩に行きました。
ここは通常の平日はほとんど人はいないのに、今日は日曜より人が多くてびっくり。 

すれ違わなくて歩けるところを選びながら行きます。(*^_^*)♪

家にこもっているうちにおなじみの春の花も、初夏に向けて少し顔ぶれが変わっています。

草むらに変な草があります。 確か~~ ヤセウツボ

試しに、Googlensでも 調べたら 第2候補としてHIT!

最初は 珍しいものを見つけたと喜んでいましたが、
歩くうちに たくさん生えているという印象です。

IMG_1406_0507_ヤセウツボの風景_400

IMG_1406_0507_ヤセウツボの風景CUT_400

ヤセウツボは葉も葉緑素も持たないので 自分で光合成をすることはありません。
IMG_1397_0507_ヤセウツボ_300

花をズームで見てみましょう!
てっぺんはまだ 開いていません。
IMG_1447_0507_ヤセウツボの花ZOOM_400

てっぺんまで咲いています。
IMG_1401_0507_ヤセウツボの花ZOOM_400

アカツメクサと一緒に生えている、ってことはこれに寄生。 o(*'o'*)o
IMG_1564_0507_ヤセウツボとアカツメクサ_400

けっこう ニョキニョキって伸びるようです。
IMG_1566_0507_ヤセウツボの風景_400

めも:2020/05/07 PowerShot SX730 HS で撮影

ヤセウツボはハマウツボ科の一年草で寄生植物です。
日本の在来種ではなく、外来種です。
主にマメ科やキク科の植物に寄生します。特にマメ科のシャクジソウ属を好むので、アカツメクサやシロツメクサの群生のなかで見られることが多くあります。
外来生物法で 「要注意外来生物に指定」、防除方法は抜き取り、刈り取り

マメ科、キク科、セリ科の植物に寄生するとされていますが、他にも様々な植物に寄生します。
田畑で繁殖すると作物を枯らしてしまう危険な害草とされ、要注意外来生物に指定されています。

お庭や大事な鉢植えの中で見つけたら、早めに抜き取るなど処分をしましょう。
 
参考
・ ヤセウツボ  痩靫 ~ 三河の植物観察
・ ヤセウツボと寄生主 ~ frank-ken
・ ヤセウツボ / 国立環境研究所 侵入生物DB
 

 Myタグ 場所_散歩.A川原 花の色.白 
2020年04月23日 (木) | 編集 |
20200423_散歩 シリーズ


春といえば、春ちゃん。 ハルジオン の可愛い花。

トサミズキの垣根の間から伸びている ハルジオン。

DSC_0351_0423_S公園北_ハルジオンの花_400

DSC_0350_0423_S公園北_ハルジオンの花_400

めも:2020/04/23 SW001SH で撮影

 
ハルジオン (春紫菀) キク科 ムカシヨモギ属
 

 Myタグ 花の色.桃色 場所_散歩.S公園 
2019年12月05日 (木) | 編集 |

12/3 今日は少し暖かいので 自然教育園と庭園美術館へ行きましょう!

2019年11月28日号 「自然教育園 見ごろ情報」  で紹介されているもので、知らないのがあります!

◇ コウヤボウキの花
園の奥まったところ 「武蔵野植物園」 にあるはずが、ウロウロ探しても見当たらない。
通りがかった人に聞いたら見つけて教えてくれました。


コウヤボウキの 名札
R0048247コウヤボウキの名札_400

名札がないと 絶対見つからないね、 この地味さ加減。 (*^_^*)♪
R0048248コウヤボウキの風景_400

落葉小低木。 この枝で箒を作ったんだって。
R0048255コウヤボウキ_400

花と葉
R0048253コウヤボウキの葉_400

暗くてピンぼけ、 フラッシュ撮影すればよかった。 !!(>д<)ノ
R0048250コウヤボウキの花_400

花のあとは タンポポみたいな綿毛になるらしい。
R0048252コウヤボウキの花_400

花の付け根が 鱗みたい o(*'o'*)o
R0048252コウヤボウキの花Zoom_400

R0048254コウヤボウキの花と葉_400


2019年11月28日号 「自然教育園 見ごろ情報」 
R0048091見ごろパンフレット_300

めも:2019/12/03 CX2 で撮影

コウヤボウキ (高野箒、学名:Pertya scandens (Thunb.) Sch.Bip.) はキク科コウヤボウキ属の落葉小低木。 

参考
・ 樹木図鑑 (コウヤボウキ)
・ 由緒正しき箒の木
・ コウヤボウキ - 松江の花図鑑

自然教育園 → 12月03日 紅葉とれたて情報 (12/03)
自然教育園 → 植物の開花リスト他 2019年11月28日 表と地図

この後は、庭園美術館へ
 ⇒ Myブログ:庭園美術館の紅葉
 ⇒ 「庭園美術館「アジアのイメージ」展へ行く」 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 

 Myタグ 場所_附属自然教育園 花の色.白 はじめて!.花 
FC2 Management