FC2ブログ
散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2019年01月10日 (木) | 編集 |
☆ 今年の 干支の 亥(イノシシ) にちなむ植物を探してみましょう!

第1回目は ⇒ Myブログ:亥年にちなんだ植物は? イノコヅチ(猪子槌) と シシウド(猪独活) でした。

第2回目は、イノシシの子供、ウリボウ(瓜坊) 

瓜なら たくさん見つかりそう (*^_^*)♪

珍しいところで、 ウリノキ
2014年6月の白神山地旅行 で 見つけました
 ⇒ Myブログ:ウリノキの花は妖精みたいね



ウリノキの葉


ウリノキ (瓜の木、学名:Alangium platanifolium (Siebold et Zucc.) Harms var. trilobatum (Miq.) Ohwi)
ミズキ科ウリノキ属に分類される落葉小高木-低木の1種。
和名は、葉の形態がウリに似ていることに由来する。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

おなじみは、烏瓜 (カラスウリ と キカラスウリ)

まさに 瓜坊 ⇒ Myブログ:11/10 カラスウリの実


2015年 ⇒ Myブログ:10/12 キカラスウリの実


2008年6月28日 ⇒ Myブログ:キカラスウリの花:葛西臨海公園


    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

アレチウリ 
2011年11月に「御岳ハイキング」 で 見つけました。
 ⇒ Myブログ:アレチウリの黄色の花



アレチウリ (荒れ地瓜、Sicyos angulatus)はウリ科の大型のツル植物で1年生草本。
 
    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2008年10月 ⇒ Myブログ:里山を歩く

畑に転がるウリの実


ウリの花


    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

ウリ科の ヒョウタン(瓢箪)  も仲間に入れて !
2012年10月 ⇒ Myブログ:瓢箪の実



2012年8月15日 ヒョウタンの花 ⇒ Myブログ:ヒョウタンの白い花と実



ヒョウタン (瓢箪、瓢簞、学名:Lagenaria siceraria var. gourda)は、ウリ科の植物。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

ギボウシ ウルイ 瓜菜(うりな) ウリッパ

オオバギボウシ

2014年6月 ⇒ Myブログ:7/2 オオバギボウシ 附属自然教育園


ギボウシは、花壇でも 遊歩道でも よく見かけますね。
2012年6月29日に 川沿いの遊歩道で見た花です、 ⇒ Myブログ:ギボウシの花


 ⇒ Myブログ:ギボウシの花と うるいの料理
スーパーで買って食べました。 (*^_^*)♪


オオバギボウシの若葉はウルイと呼ばれ、山菜として賞味される。
春先の若葉が丸まって立つように生え、葉の色がうり類の皮に似ているので、瓜菜(うりな)が転化したと言われている。
別名としてウリッパ、アマナ、ギンボ、山かんぴょうなどがある。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

★ 年の初めに 亥年の「イノシシ」と「瓜坊」にちなんだ植物を 探しました。

Myブログを 「ウリ」で検索すると 懐かしい写真が! 
 キュウリグサ が一緒に 検索されちゃいますけどね。 (*^_^*)♪


 Myタグ
2016年07月26日 (火) | 編集 |
→ 20160702_附属自然教育園 シリーズ

2016年7月2日(土) 午後、国立科学博物館 附属自然教育園 (白銀台) に行きました。

こちらも見てね。
附属自然教育園へ行く ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
その前に行ったのは、
7/2 「インターメディアテク」に行く ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

附属自然教育園 の入り口には 今の見どころのポスターが貼ってあります。



カワセミの子育ての様子の 写真と動画の展示中! ラッキー。


附属自然教育園 の 全体 マップです。
R0021215全体マップ_500

めも:2016/07/02 CX2 で撮影


見た花を、このブログに 順次載せています。 以下にまとめました。 (31記事)
  は、見ごろ情報に掲載の花、 (ハグロソウだけは、見つからなかった・・・。)

見た花のリスト  (あいうえお順)

 ・ アキノウナギツカ
 ・ アサザの黄色い花
  イヌヌマトラノオ と オカトラノオ  と ヌマトラノオ
 ・ オオバギボウシの葉と花 附属自然教育園  
 ・ オニスゲの実?

 ・ ガマズミの実
 ・ カラタチバナの白い花
 ・ クサフジの花
 ・ ゴンズイの実

 ・ サガミランがひっそりと
 ・ シオデの雄花
 ・ シロネの小さい白い花

  タカトウダイ:花から実へ
  タケニグサの花
  チダケサシのピンクの花
 ・ トモエソウの実
 

 ・ ナワシロイチゴの実
 ・ ニワトコの木と謎の隣の木の花
 ・ ニガクサのピンクの花
  ノカンゾウとヤブカンゾウのオレンジ色の花 

 ・ ハエドクソウとミズヒキの小さな花
 ・ ハンゲショウの白い葉

 ・ マツカゼソウ
 ・ マユミの実、トベラの実
 ・ ミソハギのピンクの花
 ・ ムサシアブミ

 ・ ヤブマオ
  ヤブミョウガの白い花
 ・ ヤブレガサ、モミジガサ
 ・ ヤマハッカ 附属自然教育園

 ★ コシアキトンボとオオシオカラトンボ 


→ 附属自然教育園 見ごろ情報 2016.6.30

附属自然教育園に咲く花たち、半月前(一昨年)と比べて見ましょう。
→ 2014年6月15日の附属自然教育園シリーズ
 
これまでも、何回か行っている、お気に入りの植物園です。
・ 2013年9月22日の附属自然教育園シリーズ
・ 2012年12月5日の附属自然教育園シリーズ
・ 2010年10月14日の附属自然教育園シリーズ


 Myタグ 場所_附属自然教育園 
2016年07月24日 (日) | 編集 |
→ 20160702_附属自然教育園 シリーズ

オオバギボウシ の 花が咲いています。

無造作な感じですねぇ ~ 。(*^_^*)♪

R0021172オオバギボウシ_400

R0021172オオバギボウシCUT_400

R0021173オオバギボウシ_400

R0021173オオバギボウシの花_400

R0021171オオバギボウシの風景_400

めも:2016/07/02 CX2 で撮影

オオバギボウシ (大葉擬宝珠、学名:Hosta sieboldiana)はリュウゼツラン亜科ギボウシ属の多年草。
別名:トウギボウシ、ハヤザキオオバギボウシ、ウノハナギボウシ、ウツリギボウシ、アツバギボウシ。

オオバギボウシの若葉はウルイと呼ばれ、山菜として賞味されます。
スーパーで買って食べたことがあります。 (*^_^*)♪
2013年5月15日 うるいの料理 ~ Myブログ「川と緑のある景色」

→ 附属自然教育園 見ごろ情報 2016.6.30

こちらも見てね。
附属自然教育園へ行く ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」


附属自然教育園に咲く花たち、半月前(一昨年)と比べて見ましょう。
→ 2014年6月15日の附属自然教育園シリーズ
 
これまでも、何回か行っている、お気に入りの植物園です。
・ 2013年9月22日の附属自然教育園シリーズ
・ 2012年12月5日の附属自然教育園シリーズ
・ 2010年10月14日の附属自然教育園シリーズ

 Myタグ 場所_附属自然教育園 花の色.紫 
2014年06月17日 (火) | 編集 |
→ 20140615_附属自然教育園 シリーズ

オオバギボウシ なるほど、葉っぱが大きいです。

花は、咲き始め。
これからたくさんついて、よく見かけるギボウシの雰囲気になるようです。

P6150140オオバギボウシの花_500

P6150140オオバギボウシ_400

P6150141オオバギボウシ_400

P6150261オオバギボウシ_400

P6150139オオバギボウシはクサスギカズラ科-名札_400
めも:2014/06/15 SP570UZ で撮影


オオバギボウシの若葉はウルイと呼ばれ、山菜として賞味されます。
そうそう、一度スーパーで買って食べました。 (*^_^*)♪
2013年5月15日 うるいの料理 ~ Myブログ「川と緑のある景色」

→ 附属自然教育園 見ごろ情報 2014.6.12

 Myタグ 花の色.白 場所_附属自然教育園 
2012年05月13日 (日) | 編集 |

 ギボウシは 花壇にも咲いていて おなじみですね。

SBSH0287ギボウシ_500.jpg

SBSH0288ギボウシの花_500.jpg

めも:2012/05/11 940SH AS で撮影


 ⇒ Myブログ:遊歩道:2010年1月 ・ ギボウシとヤブラン:遊歩道

この前、「うるい」 という山野草の食材が、お店に並んでいました。
そのときは、ふ~ん、と眺めただけで、
 帰ってから しらべて 「オオバギボウシの若葉」 ということを知りました。。
 ⇒ Myブログ:山野草の料理

そのすぐ後、近所のスーパーに、「うるい」 が並んでいます!
 すごく新鮮で、おいしそう。 つい買ってしまいました。
ここに記事を書いていなかったら、絶対に買って食べようなんて 興味は持たなかったでしょう。
おいしいものにめぐり合えて、ラッキーです。

なんてきれいな 茎と葉っぱ。 つよい香りなどはなく、あくもないそうです。

RIMG0030_0512うるい_500.jpg

RIMG0031_0512うるいの葉_400.jpg
めも:2012/05/12 CX2 で撮影


さっと茹でて。冷水にとります。 さぁ、できました。 
お醤油、酢味噌、胡麻ダレ 何をかけても おいしそうね!
RIMG0012_0512茹でたうるい_400.jpg
めも:2012/05/12 RICOH PX で撮影



 Myタグ 花の色.紫 食用 場所_散歩.川沿いの遊歩道  
2012年05月06日 (日) | 編集 |
地方の物産品ショップに、山野草が並んでいた。
全然なじみがなくって、眺めただけ・・・。
調理法を書いたものをもらってきたので、ちょっと調べてみました。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

うるい
食べ方  
 葉柄の柔らかい部分をゆでる。 適度なぬるぬる感がおいしい。
 ・ あえもの ・ 炒め物 ・ 煮物 なんでもOK
 ・ つけもの
ウルイとは、オオバギボウシの若葉、山菜として賞味される。
ウルイ、ウリッパ、アマナ、ギンボ、山かんぴょうと呼ばれる。
オオバギボウシ(大葉擬宝珠、学名 Hosta montana ) ユリ科ギボウシ属
若葉が毒草のバイケイソウに似ており 誤食事故が多いので注意を要する。

普通のギボウシなら、花壇にあります。 薄紫の花が咲く あれですね!
  ⇒ ギボウシ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

みず みずな ウワバミソウ (蟒蛇草) (イラクサ科ウワバミソウ属)
食べ方  
 あく抜き不用、どんな料理にもOK
 薄皮をむき、塩水でさっとゆで、水に晒す。
 ・ 塩昆布和え
 ・ 油いため 豚バラ肉、油揚げと一緒に。 砂糖・醤油で味付け。
 
    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

あまどころ
現在は数が少なく、貴重な野草なので、地下茎の採集はしないように。
良く似た「おおなるこゆり」 「なるこゆり」も同様に食べられる。
なるこゆりとの違いは、あまどころの茎には、陵があることで見分けられる。
毒草の「ほうちゃくそう」 「すずらん」 に似ているので注意。

食べ方  
天ぷら、和えもの、おひたし、汁の実、炒め物、天ぷらは、生のまま薄く衣をつけて揚げる。
和えもの、おひたしは塩茹でして、水にさらし料理する。

2010年5月3日 アマドコロの花 向島百花園にて


  ⇒ Myブログ:アマドコロ

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

のぢしゃ (野萵苣) ノジシャ
これは、今 Myガーデンで咲いているんだけど、食べられるんですね。
ノヂシャは、ラプンツェルというグリム童話に出てくるサラダ菜です。
お腹の大きなお母さんが、ノヂシャを食べたくて 魔女の庭に生えていたノヂシャを採ってみつかり、生まれる子を魔女に渡す約束をさせられるというお話です。 → グリム童話「ラプンツェル」

そうまでして食べたい葉っぱとは!!
 ⇒ ノジシャ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」

 Myタグ 食用 
FC2 Management