FC2ブログ
散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2019年10月15日 (火) | 編集 |
 身近な樹木リストを 作成中!
これまでの記事にリンクします。 
ブログ 「Niwa niha Hana (庭には花)」 と「Wikipedia」にもリンクします。

 野草と風 科・属 庭には花 Wikipedia
 低木・灌木~花と実
シャリンバイ シャリンバイシャリンバイ
トベラ トベラトベラ
ナンテン ナンテンナンテン
ブルーベリー ブルーベリーブルーベリー
ボケ木瓜(ボケ)<==すごい実がなっていた!ボケボケ
ヤツデ ヤツデヤツデ
 低木・灌木~花
アジサイ アジサイアジサイ
アセビ アセビアセビ
アベリア アベリアアベリア
ウノハナウツギ(卯の花)<==ウツギは種類が多いウノハナウノハナ
ウンナンオウバイ ウンナンオウバイウンナンオウバイ
ギョリュウバイ ギョリュウバイギョリュウバイ
クチナシ クチナシクチナシ
コデマリ コデマリコデマリ
サザンカ サザンカサザンカ
シモツケバラ科シモツケ属の落葉低木シモツケシモツケ
シロヤマブキバラ科シロヤマブキ属の落葉低木。シロヤマブキシロヤマブキ
ジンチョウゲ ジンチョウゲジンチョウゲ
ツツジ ツツジツツジ
ツバキ ツバキツバキ
デュランタクマツヅラ科デュランタ属. 常緑低木. タイワンレンギョウデュランタデュランタ
ドウダンツツジ ドウダンツツジドウダンツツジ
ハクチョウゲ ハクチョウゲハクチョウゲ
ムクゲ ムクゲムクゲ
ムラサキシキブ ムラサキシキブムラサキシキブ
コムラサキ コムラサキコムラサキ
レンギョウ レンギョウレンギョウ
ヤマブキバラ科ヤマブキ属(本種のみの一属一種)の落葉低木ヤマブキヤマブキ
 灌木 実
キンカン キンカンキンカン
センリョウ センリョウセンリョウ
マンリョウ マンリョウマンリョウ
ヤブコウジ ヤブコウジヤブコウジ
ラズベリー ラズベリーラズベリー
 灌木・蔓
藤(フジ)   藤(フジ) 藤(フジ)
ムベ ムベムベ
ビナンカズラ ビナンカズラビナンカズラ
 高木 (人より高い木)~花と実
コブシ コブシコブシ
シナマンサク シナマンサクシナマンサク
ナツツバキ ナツツバキナツツバキ
ナツミカン ナツミカンナツミカン
ハナミズキ ハナミズキハナミズキ
ヤマボウシ ヤマボウシヤマボウシ
レモン レモンレモン
 高木 (人より高い木)~花
梅(ウメ) 梅(ウメ)梅(ウメ)
キンモクセイ キンモクセイキンモクセイ
サルスベリ サルスベリサルスベリ
シダレザクラ シダレザクラシダレザクラ
ソメイヨシノ ソメイヨシノソメイヨシノ
タイサンボク タイサンボクタイサンボク
ネムノキ ネムノキネムノキ
 高木 (人より高い木)~実
イチョウ イチョウイチョウ
ユズリハ ユズリハユズリハ
 高木 (人より高い木)
アオキ アオキアオキ
イロハモミジ イロハモミジイロハモミジ
カツラ カツラカツラ
カクレミノ カクレミノカクレミノ
クスノキ(楠) クスノキクスノキ
マテバシイ マテバシイマテバシイ
椰子(ヤシ) 椰子(ヤシ)椰子(ヤシ)
 そばの公園
クルミ クルミクルミ
シンジュ シンジュシンジュ
タブノキ タブノキタブノキ
トチノキ トチノキトチノキ

以下と同じものです。
 ⇒ 身近な樹木のリストです。 ~ Myブログ「Niwa niha Hana」
 ⇒ 樹木リスト ~ 「ガーデンに集う」
 
 Myタグ
2019年07月11日 (木) | 編集 |
フサフジウツギ (ニシキフジウツギ) フジウツギ

以前は地植えで大きな木だったのが、鉢植えになっています。

DSC_7747フサフジウツギの鉢植え_400

DSC_7746フサフジウツギの花_400

横に伸びた花の房
DSC_7748フサフジウツギの花_500

垂れた花の房
DSC_7749フサフジウツギの花Zoom_400

小さな花が集まって 房になっています。

DSC_7749フサフジウツギの花CUTZoom_400

めも:2019/07/11 SW001SH で撮影


こちらも見てね ⇒ フジウツギ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」

 フジウツギ(藤空木)  学名は、Buddleja davidii ゴマノハグサ科フジウツギ属
 属名から ブッドレア(ブッドレヤ) と呼ばれることが多い。
 数種が園芸用に栽培されており、特によく栽培されるのが フサフジウツギ (ニシキフジウツギ)
 ブッドレアは長い円錐形の花穂が甘く香り、チョウが集まるため、英名では「バタフライブッシュ」と呼ばれています。
 藤色を基本に、白や紫などの花色があり、ほかに葉に斑が入るもの、小型のものなど、数多くの園芸品種があります。
 
・ フジウツギ属 Wikipedia
・ フサフジウツギ(房藤空木) 松江の花図鑑
・ ブッドレアとは - 育て方図鑑 | みんなの趣味の園芸 NHK出版
 

 Myタグ 花の色.紫 
2019年06月10日 (月) | 編集 |
2016/2/19 記 2019/6/13 追記
2015/12/19 に読んだ本のメモ です。

散歩で見かける草木花の雑学図鑑
金田 洋一郎 / 実業之日本社 (2014-06-28)



2019/6/12  Myブログ 「散歩道の野草と風」 と  
Myブログ 「Niwa niha Hana」 (*印) に掲載している記事を探して 写真を載せました。

どういう経緯でメモを書いたのかは すっかり忘れました。
もう一度この本を読んでみることにします!
散歩で見かける草木花の雑学図鑑 ~ Myブログ:あとりえ「パ・そ・ぼ」の本棚とノート

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

◇ 知らないものなど、読んだ時のメモ (2015/12/19)

アキレア (セイヨウノコギリソウ)

アゲラタム (カッコウアザミ)  アジュガ * (セイヨウキランソウ、セイヨウジュウニヒトエ
 2006年05月05日

アーテチョク (キクイモ)

アロエ * の花  オオキンケイギク * <== 栽培禁止、キンケイギクはOK
2015年7月1日 2016年6月6日


オイランソウ * (フロックス・パニキュラータ 宿根フロックス)
2017年10月17日

ガガイモ 白ピンク

カワラナデシコ

キンレイカ (ナスタチウム)  クレオメ (フウチョウソウ
2016年6月7日  

ゲンノショウコ


ウメモドキ 淡紫色の花

シオン  スイセンノウ (フランネルソウ) リクニス・コロナリア
シオン 2015年06月17日

スベリヒユ * ポーチュラカ  スモークツリー (ケムリノキ、カスミノキ、ハグマノキ)
2011年09月15日  

ニオイシュロラン (ドラセナ)

タニウツギ ピンク一色    ハコネウツギ 白~赤 (ニシキウツギ)
タニウツギ ハコネウツギ

フヨウ の八重を 酔芙蓉  ミソハギ
2016年10月4日 

ヨメナ    小
ムコナ(シラヤマギク) 大

ブタクサ 、 オオブタクサ

2016/2/19 記 二ヶ月も経つと、なんでメモしたかは 忘れちゃった o(*'o'*)o

  

[READ MORE...]  Myタグ
2019年01月22日 (火) | 編集 |
ステキな本を見つけました。
『大人のフィールド図鑑 原寸で楽しむ 身近な木の実・タネ 図鑑&採集ガイド』 

目次から作ったリストと このブログのコラボ。

アオキ ムラサキシキブ

街中で見られる木の実 と 自然の中で見られる木の実
 実の色がわかるといいね。
クリックすると このブログ内を検索します。


街中の木の実


アオキ
アオギリ
アカシデ 薄茶
アカメガシワ  黒紫
イイギリ
イチョウ 薄茶
イヌマキ
イロハカエデ
ウツギ  
卜チノキ
卜ベラ
エゴノキ
エノキ
エンジュ
カヤ
キリ
クコ
クスノキ 黒紫
クチナシ
クヌギ  
クロマツ
ケヤキ
コブシ
サルスベリ
サンゴジュ
シャリンバイ 黒紫
シュロ 白い粉
センダン
センリョウ




タブノキ 黒紫
トウグミ
ナンキンハゼ
ナンテン
ニワウルシ
ネズミモチ
ハゼノキ
ハナミズキ
ヒイラギナンテン
ヒサカキ 黒紫
ピラカンサ
フジ
ボダイジュ
マンリョウ
ムクノキ 黒紫
ムクロジ 黒紫
ムラサキシキブ  
モチノキ
モミジバスズカケノキ
モミジバフウ
ヤツデ  黒紫
ヤブツバキ
ヤマボウシ
ヤマモモ
ユリノキ


自然の木の実


イヌビワ 黒紫
オニグルミ
ガマズミ
キササゲ
クサギ
クサボケ 薄黃
ケンポナシ
ゴンズイ と黒
サネカズラ
サルナシ
ツクバネ
ツクバネウツギ
ツノハシバミ
ツルウメモドキ
ナナカマド
ニシキギ
ノイバラ
ハナイカダ
ハンノキ
マユミ
ミツバアケビ  
ミツバウツギ
モミジイチゴ
ヤドリギ
ヤマグワ 黒紫


『大人のフィールド図鑑 原寸で楽しむ 身近な木の実・タネ 図鑑&採集ガイド』 
 

 Myタグ
2018年05月10日 (木) | 編集 |

ヒンヤリした雨が上がって、散歩に行きました。

可愛いピンクの蕾がいっぱい! なにかしら と 
このブログを見返すと・・・ サラサウツギ です。

R0035935サラサウツギの蕾_400

R0035906サラサウツギと青空_400

R0035924サラサウツギの蕾ツーショット_400


蕾ばかりと思ったら、花をみつけましたよ。

R0035938サラサウツギの花Zoom_500

R0035922サラサウツギの蕾と花_400

こんなところに 咲いています。 いろんな草木でごった返し !!(>д<)ノ
R0035904サラサウツギの風景_400

めも:2018/05/10 CX2 で撮影

サラサウツギ(更紗空木) アジサイ科 (旧ユキノシタ科)ウツギ属の落葉低木。
 初夏に、八重咲きで、芳香のある下向きの花を咲かせる。
花弁の外側が薄紅紫色、内側が白色。 
 

 Myタグ 場所_散歩.A川原 
2017年09月29日 (金) | 編集 |
→ 20170915_散歩 シリーズ

9/15 近所の団地散歩で 出会った花の まとめです。

 ・ カクトラノオは ハナトラノオ
 ・ キバナコスモス
 ・ セージ
 ・ ヒガンバナ 赤 白
 ・ フサフジウツギ
 ・ フヨウの花と種
 ・ ランタナ


 

めも:2017/09/15 SW001SH で撮影

 

 Myタグ 花の色.白 
2017年09月16日 (土) | 編集 |
→ 20170915_散歩 シリーズ

 近所の団地の フサフジウツギ。 (フジウツギ

DSC_0599団地の角のフサフジウツギ(ブッドレア)_400

DSC_0603団地の角のフサフジウツギZoom_400

花は少なくなって、花の落ちた房が、ドラゴンのように伸びています。
DSC_0601団地の角のフサフジウツギ花と花後_400

DSC_0605団地の角のフサフジウツギ(ブッドレア)_400

めも:2017/09/15 SW001SH で撮影

 フジウツギ(藤空木)  学名は、Buddleja davidii ゴマノハグサ科フジウツギ属
 属名から ブッドレア(ブッドレヤ) と呼ばれることが多い。
 数種が園芸用に栽培されており、特によく栽培されるのが フサフジウツギ (ニシキフジウツギ)
 ブッドレアは長い円錐形の花穂が甘く香り、チョウが集まるため、英名では「バタフライブッシュ」と呼ばれています。
 藤色を基本に、白や紫などの花色があり、ほかに葉に斑が入るもの、小型のものなど、数多くの園芸品種があります。
 
・ フジウツギ属 Wikipedia
・ フサフジウツギ(房藤空木) 松江の花図鑑
・ ブッドレアとは - 育て方図鑑 | みんなの趣味の園芸 NHK出版
 

 Myタグ 花の色.紫 
2016年10月31日 (月) | 編集 |
→ 20161023_散歩 シリーズ

ビックリするくらい虫食いの木があります。
なんとか葉があるところで パ・チ・リ。 実もたくさんなっていますね。

何かしら? イボタノキ のようです。
みんなの花図鑑で 教えてもらいました。

R0022916イボタノキの小さい葉と実_400

R0022914イボタノキの小さい葉と実_500

R0022913イボタノキの小さい葉と実風景_500

めも:2016/10/23 CX2 で撮影

イボタノキ (水蝋の木) Ligustrum obtusifolium モクセイ科イボタノキ属

参考 
・ イボタノキとウツギの比較 イボタノキの花が ~ 神戸の花と木(今の花と木の様子)
・ イボタノキ(水蝋の木)
 

 Myタグ
2016年08月18日 (木) | 編集 |
 → 20160804_日比谷公園 シリーズ

日比谷公園で初めて見た ピラミッドアジサイ
最初は、カシワバアジサイかと思ったけれど、葉っぱが違います。

ちゃんと、名札が付いていたのがうれしい!

R0021819ピラミッドアジサイ_400

R0021822ピラミッドアジサイ_400

めも:2016/08/04 CX2 で撮影

ピラミッドアジサイ  ユキノシタ科アジサイ属
ハイドランジア・_パニュキュラータというアジサイの仲間
別名 ミナヅキ、ノリウツギとも呼ばれています。
アジサイに似ているが 咲いている形がアジサイとは異なり、ピラミッドのように頭頂部がとがった形。

 Myタグ 場所_日比谷公園 
2016年07月25日 (月) | 編集 |
→ 20160702_附属自然教育園 シリーズ

附属自然教育園には、いろんな木の実がなっています。

ゴンズイの実 を 見に行きましょう。

水生植物園の階段をあがると、ゴンズイ の木があります。

R0021120水生植物園を出る_400

花は終わって、実が付いています。
R0021123ゴンズイの実_400

R0021121ゴンズイの実_400

赤っぽい茎に 緑の実。 秋に熟れるのが楽しみね。
R0021122ゴンズイの実_400

めも:2016/07/02 CX2 で撮影

ゴンズイ (実) (ミツバウツギ科) Euscaphis japonica

→ 附属自然教育園 見ごろ情報 2016.6.30

附属自然教育園に咲く花たち、半月前(一昨年)と比べて見ましょう。
→ 2014年6月15日の附属自然教育園シリーズ
 
これまでも、何回か行っている、お気に入りの植物園です。
・ 2013年9月22日の附属自然教育園シリーズ
・ 2012年12月5日の附属自然教育園シリーズ
・ 2010年10月14日の附属自然教育園シリーズ

 Myタグ 場所_附属自然教育園  
FC2 Management