fc2ブログ
散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2023年12月15日 (金) | 編集 |
植物を観察していると、花が咲いても 実がなったり ならなかったりする木があります。

環境や育ち方が悪いのかな? など思っていましたが、雄木と雌木があるのかもしれません。
雄株(雄木)には実はなりませんよね。 ( T o T; ) 

「雌雄異株の植物」 があることは、以前から知ってはいましたが、いがいと身近な木がそうだ とわかってきました。

調べてみると 雌雄異株(雌木と雄木) の植物って多いようです。
 ・ 「雌花が咲き 実がなる雌株」  と  「雄花が咲き 実はならない雄株」
 ・ 「両性花の咲く株」
 ・ 「雌株だけで 結実する木」 もあるとのこと  o(*'o'*)o

それぞれの植物の生存戦略でしょうが、バラエティ(多様性)があって面白いですね。

★ このブログに載せている 「雌雄異株」 の植物を ピックアップしてみました! 
 (名前のリンクから、それぞれの植物の記事をごらんください。)
といっても、今のところ 雌雄の花が撮れているのは殆どないので、これからよく観察します!

樹木・灌木

・ アオキ 雄花 と 雌花
雄花 

・ アオダモ

・ アカメガシワ  雄花 と 雌花
雄花 雌花

( ・ アケビ 雌雄同株、雌雄異花)
・ イイギリ
・ イチイ
・ イチョウ ~ 最近 「銀杏の実は臭いので雌株は植えない」なんてこと聞きました。美味しいのに!
・ イヌガヤ
・ イヌツゲ
・ イヌマキ
・ ウリハダカエデ
・ オリーブ

 カツラ <== 写真を撮ったので これからチェック!

・ キウイフルーツ
・ キブシ
(・ キンモクセイ)
・ クロガネモチ

 ゲッケイジュ ~ 日本に流通しているのはほとんどが雄木(雄株)
 2022/06/06 友人宅のゲッケイジュが雌株で、受粉させたら実がなっている。(まだ小さい)
 今後、観察します!
 
 サンショウ <== 近所にあるので 要観察!

 シマトネリコ <== 近所にあるので 要観察!

(・ ジンチョウゲ)
・ セイヨウヒイラギ

 ソヨゴ <== 写真を撮ったので これからチェック!

・ ソテツ

・ ツゲ

・ ツルウメモドキ ~ 2013年 雄花 と 雌花 ・ 2014年 雄花 と 雌花
雄花 雌花

・ トリネコ類

 トベラ <== 2022/5/10 写真を撮ったので これからチェック!

・ ヌルデ

 ハクチョウゲ <== Myガーデンにも近所にもあるので、要観察

・ ハグマノキ (ケムリノキ、スモークツリー)

・ ハゼノキ

 ハナイカダ <== 雌株1本は、いつも撮影している

・ ハマヒサカキ
・ ヒイラギ(柊)
・ ヒイラギモクセイ
・ ヒサカキ

 ヒトツバタゴ <== 毎年花を撮影しているので 要整理

・ ビワ
・ ポプラ類

・ マキ
・ マタタビ
・ ミヤマシキミ
・ モチノキ (黐の木)

 モッコク <== 散歩道にあって 花も実も撮影している

★ ヤナギ属 これは、雌雄異株 だそうです。 <== 2022年春 注目!

・ ヤマハゼ
・ ヤマモモ
・ ユズリハ

草・蔓

・ アオツヅラフジ (青葛藤)=カミエビ(神海老)
・ イタドリ
・ カナムグラ
・ シオデ
・ サネカズラ (ビナンカズラ) 雌雄異株、雌雄同株、両性花のいずれにもなる。 
 

参考
・ カップルで植えなきゃ結実しない!雌雄異株の庭木9選
・ 雌雄異株の樹木の例 ~ 雌雄異株の悲劇 樹の散歩道
 
これまでの写真で、単なる雌雄の花と雌雄異株の花を見直しています!
 調べると面白い!

 Myタグ 雌雄異株 
2023年10月18日 (水) | 編集 |

2023/10/18

遊歩道の ハギ(萩)
少し濃い目の赤紫の花。

DSC_1823_1018 ハギの花:川沿いの遊歩道_400

DSC_1824_1018 ハギの花Zoom_400

低木で、しだれた枝は地面を這うほど・・・。

DSC_1822_1018 ハギの花:川沿いの遊歩道_400


シモツケ は、秋になってまた咲いています。

DSC_1850_1018シモツケの花Zoom_400

DSC_1850_1018シモツケの花:川沿いの遊歩道_400

遊歩道には、たくさん植えられています。

DSC_1849_1018シモツケの花:川沿いの遊歩道_400

ベニカナメモチ と ツーショット

DSC_1847_1018 シモツケの花と剪定されたベニカナメモチ :川沿いの遊歩道_400

めも:2023/10/18 Xperia10Ⅳ で撮影


◆ ハギ (萩、胡枝花 Lespedeza)は、マメ科ハギ属の総称。 落葉低木。
秋の七草のひとつで、花期は7月から10月。

◆ シモツケ(下野、学名:Spiraea japonica)は バラ科シモツケ属の落葉低木。
 別名、キシモツケ(木下野)とも呼ばれる。 同じシモツケ属の仲間にはコデマリ、ユキヤナギがある。
「シモツケ(木)の葉=葉先の尖った卵型にギザギザの縁」
花の最盛期は5月~6月ですが、夏から初秋までポロポロと咲き続けます。


 Myタグ 場所_散歩.川沿いの遊歩道 花の色.桃色 花の色.紫 
2023年08月02日 (水) | 編集 |
 8月には、どんな花に会えるかしら?

7月 <== 8月 ==> 9月


毎年の8月の記事を見てみましょう!

2023年8月
2022年8月2021年8月2020年8月2019年8月
2018年8月2017年8月2016年8月2015年8月
2014年8月2013年8月2012年8月2011年8月
2010年8月2009年8月2008年8月2007年8月

2020年8月
・ 20200808_A川原散歩 シリーズ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」

(2019年8月 無し)

2018年8月
★ 20180829_千葉 シリーズ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」
★ 20160804_日比谷公園 シリーズ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」
★ 20140813_日比谷公園 シリーズ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」
★ 2008/8/10 真夏の葛西臨海公園 シリーズ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」

ハイキングの写真は ⇒ 白神山地 ・ 高尾山 ・ 御岳 ・ 青梅 ・ 武蔵五日市




2016年~ 新たに このブログの8月にのせた花と実
  今後にご期待を (*^_^*)♪

 
 ・ アシタバ
  
 ・ アメリカデイゴ 
 ・ カリブラコア
 ・ カンナ
 ・ ギボウシ
 ・ サンクエール
 ・ スイレン
  
 ・ タデアイ
  2018年8月29日
  

 ・ ハイビスカス
 ・ ピラミッドアジサイ 
  
 ・ フヨウ 
 ・ ユーコミス
  (パイナップルリリー)
  2018年8月29日
 ・ ワタ(綿)
  2018年8月29日
  
 
 ・ ヤシ
  
   


2011年~2015年 新たに このブログの8月にのせた花と実

 
 ・ アカンサス
 ・ アサガオ
 ・ アフリカハマユウ
 ・ アルストロメリア
 ・ イヌタデ

 ・ カッコウアザミ(アゲラタム) 
   
 ・ キョウチクトウ
 ・ キンシバイ
 ・ コエビソウ

 ・ サルビア
 ・ シモツケ
 ・ ジュウニヒトエ
 ・ ダイズ
 ・ タチアオイ
 ・ タマスダレ
 ・ デュランタ
 ・ トケイソウ・ピッコロッソ
 ・ ナツミカン 

 ・ ニセコバンソウ
  
 ・ ノウゼンカズラ
 ・ ノカンゾウ
 ・ ノシラン

 ・ パープルファウンテングラス? 
   
 ・ ハギ
 ・ ヒマワリ
 ・ ヒャクニチソウ
 ・ ペラペラヨメナ
 ・ ボタンクサギ

 ・ マリーゴールド
 ・ マンデビラ
 ・ ムクゲ
 

 ・ ヤナギバルイラソウ
 ・ ヤブガラシ (標準和名は「ヤブカラシ」)
 ・ ヤブラン
 ・  ヤマノイモ
   

 ・ ランタナ
 ・ ルドベキア グロリオサ・デージー 
   
 ・ ルリマツリ
 ・ アガパンサス

 花と実
 ・ ゴーヤ
 ・ ヒョウタン
 ・ フウセンカズラ 
 ・ ヤブミョウガ


2007年~2010年に このブログの8月にのせた花と実

 2007年~2010年に
 このブログの8月にのせた花

 ・ あべりあ
 ・ あめりかのうぜんかずら
 ・ いぬほおずき
 ・ いんぱちぇす
 ・ えごのき
 ・ えんじゅ
 ・ おしろいばな
 ・ がざにあ
 ・ きばなこすもす
 ・ 
 ・ くましで
 ・ さるすべり
 ・ たけに草
 ・ てんにんぎく
 ・ なんきんはぜ
 ・ 合歓木の花
 ・ はまごう
 ・ はまぼう <== 葛西臨海公園で 
 ・ へくそかずら
 ・ りょうぶ
 ・ わるなすび
 ・ 白百合
 2007年~2010年に
 このブログの8月にのせた実

 ・ あかめがしわ の実 
   2009年に夢中になった。 (*^_^*)♪

 ・ 花梨の実
 ・ 楠の実
 ・ こぶしの実
 ・ 柘榴の実
 ・ 珊瑚樹の赤い実
 ・ せんだんの実
 ・ 椿の実
 ・ とくさ と 桐の実 <== 葛西臨海公園で 
 ・ はなずおうの実
 ・ ひめりんごの実
 ・ ぴらかんさの青い実
 ・ 藤の実
 ・ まてばしいの実
 ・ 紫式部の実
 ・ やまぼうしの実



 Myタグ
2023年04月30日 (日) | 編集 |
本「やけに植物に詳しい僕の街のスキマ植物図鑑」を読んでいます。

やけに植物に詳しい僕の街のスキマ植物図鑑:瀬尾 一樹 (著)
単行本(ソフトカバー) – 2020/12/17



やけに植物に詳しい僕の街のスキマ植物図鑑:瀬尾 一樹 (著) ~ Myブログ:あとりえ「パ・そ・ぼ」の本棚とノート

道端でおなじみの雑草・野草たち、このブログにのせているものも多そうです。

登場する植物を、このブログで探してみましょう。 続きをみてね。
 

[READ MORE...]  Myタグ
2023年03月23日 (木) | 編集 |


3/22 午後、猿江恩賜公園へ行きました。
桜(サクラ)は、どうかしら?

ラッキー 川沿いでは、きれいに咲いています。

DSC_0436_0322桜並木:猿江恩賜公園_500

トキワマンサクの白い花と!

DSC_0438_0322トキワマンサク白と桜並木:猿江恩賜公園_400

桜並木

DSC_0442_0322桜並木:猿江恩賜公園_400

オオシマザクラ

DSC_0452_0322オオシマザクラ:猿江恩賜公園_400

樹形もかっこいい

DSC_0450_0322オオシマザクラ:猿江恩賜公園_400

白い花と、明るい緑の葉

DSC_0451_0322オオシマザクラの花CUT_400


ヒュウガミズキとユキヤナギに囲まれて!

DSC_0444_0322桜とヒュウガミズキとユキヤナギ:猿江恩賜公園_400

やっぱり、時計塔ですね。

DSC_0454_0322時計塔と桜:猿江恩賜公園_400

DSC_0453_0322時計塔と桜:猿江恩賜公園_400

めも:2023/03/22 Xperia10Ⅳ で撮影

 

 Myタグ 花の色.桃色 場所_猿江恩賜公園 桜(サクラ) 
2022年08月30日 (火) | 編集 |
20220828_散歩 シリーズ

遊歩道に、シモツケ の花が咲いています。

薄いピンクの花
DSC_1390_0828シモツケの花_400

シベがツンツン
DSC_1388_0828シモツケの花_400

白い花
DSC_1386_0828シモツケの花白_400

花が終わりかけ
DSC_1391_0828シモツケの花後_400

遊歩道には、大きい木や小さい木など
たくさんのシモツケがあります。
DSC_1389_0828シモツケの花と葉_400

めも:2022/08/28 SW001SH で撮影


◆ シモツケ(下野、学名:Spiraea japonica)は バラ科シモツケ属の落葉低木。
 別名、キシモツケ(木下野)とも呼ばれる。 同じシモツケ属の仲間にはコデマリ、ユキヤナギがある。
「シモツケ(木)の葉=葉先の尖った卵型にギザギザの縁」
花の最盛期は5月~6月ですが、夏から初秋までポロポロと咲き続けます。

シモツケは、5~6月ごろの花だと思っていましたが、写真を振り返ると 7~8月 なんと10月にも咲いていました。
花期が長い花はずっと楽しめていいですね。
シモツケは低木なので、ベランダの鉢植えには向かないと思っていましたが、鉢植えもできそうです。

参考
・ シモツケの育て方:小さな鉢植えで、初夏に紅色の小さな花をたくさん咲かせましょう
・ シモツケの挿し木を成功させるポイント:剪定した枝を挿し穂にして、株を増やす
・ シモツケの育て方・栽培方法 ~ みんなの趣味の園芸

こちらも見てね
 ⇒ シモツケ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」
 ⇒ シモツケ ~ Myブログ「花とおしゃべり」
 

 Myタグ 花の色.桃色 場所_散歩.川沿いの遊歩道 
2022年06月11日 (土) | 編集 |


ビヨウヤナギ

花があふれるように咲いています。
DSC_0942_0607ビヨウヤナギ満開_400

自慢の長いシベに うっとり。 o(*'o'*)o
DSC_0940_0607ビヨウヤナギの花Zoom_400

きれいな黄色の花に、明るい緑の葉が ステキです。
DSC_0939_0607ビヨウヤナギ満開_400

めも:2022/06/07 SW001SH で撮影

ビヨウヤナギ (未央柳、美容柳、金糸桃) 学名:Hypericum monogynum
オトギリソウ科 オトギリソウ(ヒペリカム)属 の半落葉低木。
 

 Myタグ 花の色.黄色 場所_散歩.川沿いの遊歩道 
2022年06月07日 (火) | 編集 |


川沿いの遊歩道のシモツケが咲いています。
少し前から、通るたびに眺めていましたが、今日やっと写真を撮りました。

6/7  シモツケ の花:

蕾、花、花後、(実、種) が混然としています。
DSC_0958_0607シモツケの花と花後、蕾、葉_400

花と蕾
DSC_0961_0607シモツケの花Zoom_400

ズームで見てみましょう!
DSC_0961_0607シモツケの花と蕾ZoomCUT_400

花から実に変化
DSC_0962_0607シモツケの花と花後_400

これもズームで見てみましょう!
DSC_0962_0607シモツケの花と花後Zoom_400

葉の様子です。
DSC_0958_0607シモツケの葉_400

一番キレイなときは過ぎてしまったようですね。
DSC_0963_0607シモツケの花の風景_400

めも:2022/06/07 SW001SH で撮影

 
◆ シモツケ(下野、学名:Spiraea japonica)は バラ科シモツケ属の落葉低木。
 別名、キシモツケ(木下野)とも呼ばれる。同じシモツケ属の仲間にはコデマリ、ユキヤナギがある。
「シモツケ(木)の葉=葉先の尖った卵型にギザギザの縁」
花の最盛期は5月~6月ですが、夏から初秋までポロポロと咲き続けます。

 Myタグ 場所_散歩.川沿いの遊歩道 花の色.桃色 
2022年05月31日 (火) | 編集 |
2022年5月8日 に 出会った 花や実を まとめてみましょう!

20220508_散歩 シリーズ の 一覧です。  (50音順)

ウワミズザクラの実

・ ウワミズザクラの実を見下ろす
・ エゴノキの花が開きかけ

・ カナメモチの白い花
・ キショウブの花にクロアゲハチョウ
・ クマシデの果穂:リョウブ通り
・ クワ(桑)の花は実に!

・ シダレヤナギの花と綿毛
・ シャリンバイのピンクの花
・ 緑道のシランの花とバラ園
・ センダンの蕾と緑の葉

・ ノジシャの種

・ ハクチョウゲの白い花
・ ハナカイドウ と ハナズオウの実
・ ヒトツバタゴの花が未だ咲いていたよ
・ ヒメコウゾの雌花、見つける

・ マユミの雌雄の花、満開
・ ミズキ(水木)の白い花

・ ヤブジラミの花と実、シロバナマンテマの花
・ ランタナの花
・ ロウバイの実、カットしてみた<==猛毒です !!(>д<)ノ
 


 Myタグ
2022年05月09日 (月) | 編集 |
20220508_散歩 シリーズ


シダレヤナギ の花が気になるこの頃。

綿毛が付いています。 雌花でしょうか?
IMG_2444_0508シダレヤナギの雌花と綿毛_400

IMG_2442_0508シダレヤナギの雌花と綿毛_40

IMG_2446_0508シダレヤナギの雌花と綿毛_400

水辺のシダレヤナギっていいですね。

IMG_2440_0508シダレヤナギの風景_400

めも:2022/05/08 PowerShot SX730 HS で撮影


シダレヤナギ (枝垂柳) 学名:Salix babylonica var. babylonica  ヤナギ科ヤナギ属の落葉高木。 雌雄異株。

こちらも見てね ⇒ 4/6 シダレヤナギの花かしら? ~ Myブログ「散歩道の野草と風」
 

 Myタグ 場所_散歩.川沿いの遊歩道 花の色.緑 綿毛 
2022年04月11日 (月) | 編集 |
20220406_散歩 シリーズ


4/6 川沿いの遊歩道の シダレヤナギ

風に揺れています。 よく見るとなにかぶら下がっていますよ。

IMG_1467_0406小名木川のヤナギの花_400

 花かしら? 雄花?  雌花?
IMG_1467_0406小名木川のヤナギの雄花?_400

眺めるだけで爽やか  (*^_^*)♪

IMG_1468_0406小名木川のヤナギ_300

・・・花の様子、もっとちゃんと撮ればよかった!

めも:2022/04/06 PowerShot SX730 HS で撮影


シダレヤナギ (枝垂柳) 学名:Salix babylonica var. babylonica  ヤナギ科ヤナギ属の落葉高木。 雌雄異株。

以前みた、種類の分からない ヤナギ にも、同じような花が咲いていました。
 ⇒ Myブログ:2017/4/24 2種のヤナギの実
 
P4240131何ヤナギの木に花-G_400

シダレヤナギって、遊歩道に並んで植えられていて、新緑や風に揺れる長い葉が爽やかです。
でもそれだけではなく、いがいと 奥が深い! というか、観察すると 面白そうですよ。
シダレヤナギは、雌雄異株で、雌花と雄花が咲きます。
日本では大昔に持ち込まれた雄株から、挿し木などで増え続けたようで 雌株が非常に少ないんだそうです。
まずは、散歩道の シダレヤナギから 雌株を見つけたい!
「4月になると、雌株の雌花には果実ができて、白い綿毛をつけた柳絮(りゅうじょ)が風に舞う。」
これが見られたら 最高ね!

参考
・ ヤナギ科 - 荒川植物図鑑
・ 樹の散歩道   雌雄二型とはおもしろい!!
・ ヤナギ属の検索表 ~ 樹木検索図鑑
 


 Myタグ 場所_散歩.川沿いの遊歩道 メモ.紛らわしい 
2022年04月05日 (火) | 編集 |
20220402_散歩 シリーズ


4/2 川沿いの遊歩道の ハナカイドウ が咲きました。

ハナカイドウ、ピンク色が魅力的。

IMG_1317_0402ハナカイドウの花_400

花は下向きにぶら下がっています。
IMG_1336_0402ハナカイドウの花_400

花をズームで見てみましょう!
IMG_1336_0402ハナカイドウの花Zoom_400

満開です。
IMG_1313_0402Taとハナカイドウの花の風景_400

ハナカイドウ、川の向こうに桜が咲いてます。
IMG_1307_0402ハナカイドウと桜_400

シダレヤナギに ハナカイドウ。 ちょっと風情あるね。
IMG_1335_0402ハナカイドウの花とヤナギの新緑_400

シダレヤナギ の新緑も爽やか
IMG_1340_0402ヤナギの新緑_400

めも:2022/04/02 PowerShot SX730 HS で撮影


ハナカイドウ (花海棠、学名:Malus halliana) バラ科 リンゴ属の耐寒性落葉高木。
別名は、カイドウ(海棠)、スイシカイドウ(垂絲海棠)、ナンキンカイドウ(南京海棠)
 
シダレヤナギ (枝垂柳) 学名:Salix babylonica var. babylonica  ヤナギ科ヤナギ属の落葉高木。


 Myタグ 花の色.桃色 場所_散歩.川沿いの遊歩道 
2022年04月05日 (火) | 編集 |
20220402_散歩 シリーズ


色んなところで並ぶ カナメモチ の葉。
燃えるように真っ赤な派が目立つようになりました。

IMG_1322_0402ベニカナメモチが赤くなりかけ_400

緑の葉の中から、真っ赤な派が飛び出す~~。(*^_^*)♪
IMG_1323_0402ベニカナメモチが赤くなりかけ_400

小さな蕾も着いています。
IMG_1338_0402ベニカナメモチに小さな蕾_400

白い花が咲くはずなのに、蕾には赤みが。
IMG_1339_0402ベニカナメモチに小さな蕾_400

新緑のシダレヤナギとのコラボが美しい。
IMG_1337_0402ベニカナメモチとヤナギの風景_400

めも:2022/04/02 PowerShot SX730 HS で撮影


カナメモチ 学名:Photinia glabra バラ科 / カナメモチ属
和名:カナメモチ  その他の名前:ベニカナメ、アカメモチ
 
セイヨウベニカナメモチ (レッドロビン) バラ科カナメモチ属 
 カナメモチとオオカナメモチの交雑種。 
 近縁種:ベニカナメモチ、オオカナメモチ
ベニカナメモチ 
 別名:ベニカナメ、ソバノキ、アカメモチ、アカメノキ、カナメノキ、カナガシ
花の後には実ができて、秋には赤く熟す。先端が黒ずむのが特徴。




 Myタグ 場所_散歩.川沿いの遊歩道 色づいた葉 花芽 
2022年03月31日 (木) | 編集 |
20220330_散歩 シリーズ


3/30 猿江恩賜公園に 友人とお花見散歩に行きました。

桜(サクラ)がちょうど見頃です。

公園のシンボル時計塔と桜並木。
お昼時なのでお花見ランチの人がかなりの人数でびっくり。
コロナ禍でなければ、お弁当食べたいんだけど~~。 来年こそ!

IMG_1156_0330時計塔とサクラ_400

人が少なめのところをそぞろ歩き。

ソメイヨシノのピンクの花に混ざって、白い花が目立ちます。
IMG_1168_0330葉桜とサクラ並木の風景_400

花をズームで見てみましょう!
IMG_1169_0330サクラの花CUT_400

公園は広いので、色んな視点から景色を楽しめます。
スケッチをしている人もいますよ! 

サクラ並木の下には、レンギョウの黄色い花
IMG_1165_0330レンギョウとサクラ並木_400

次は、和風庭園へ。 
こちらは人も少なく池を囲むサクラが雅な風景。

左側に 枝垂れ桜(ヤエベニシダレ) 、奥に白い桜(オオシマザクラ?)
IMG_1110_0330和風庭園の枝垂れ桜の風景_400

枝垂れ桜(ヤエベニシダレ)
IMG_1115_0330和風庭園の枝垂れ桜の風景_400

可愛らしい花です。
IMG_1118_0330和風庭園の枝垂れ桜_400

花をズームで見てみましょう!
IMG_1118_0330和風庭園の枝垂れ桜の花Zoom_400

そぞろ歩き。 たくさん咲いたヤマブキの花越しに見る桜

IMG_1123_0330山吹の向こうにしだれ桜_400

ヤマブキの花が鮮烈。
IMG_1122_0330ヤマブキの花_400

小道をゆくと、風になびく シダレヤナギ のしなやかな新緑。

シダレザクラと ソメイヨシノ の ピンクのグラデーション。
IMG_1151_0330和風庭園の枝垂れ桜と柳の小道_400

メタセコイアをバックにサクラが枝を伸ばして咲いています。
IMG_1148_0330メタセコイアとサクラの風景_400

めも:2022/03/30 PowerShot SX730 HS で撮影

 
シダレヤナギ (枝垂柳) 学名:Salix babylonica var. babylonica  ヤナギ科ヤナギ属の落葉高木。

これまでの 猿江恩賜公園の 桜お花見です。

2022年02月28日 ⇒ Myブログ:カンザクラ(河津桜):猿江恩賜公園
 
2021年04月02日 ⇒ Myブログ:公園で桜(サクラ)の花を見る → 2021/4/2 猿江公園 散歩シリーズ

2018年03月28日 ⇒ Myブログ:サクラのそばには! → 2018/3/28 公園 シリーズ
 

 Myタグ 花の色.桃色 場所_猿江恩賜公園 桜(サクラ) 花の色.白 
2022年03月22日 (火) | 編集 |
20220321_散歩 シリーズ


ユキヤナギ が風に しなっています。

IMG_0876_0321ユキヤナギ_400

小さな花が集まって 真っ白
IMG_0877_0321ユキヤナギ_400

近づいてみると
IMG_0879_0321ユキヤナギの花_400

花の中心に赤い点が あります。
IMG_0879_0321ユキヤナギの花Zoom_400

こっちの花には 赤いのはありません。
IMG_0878_0321ユキヤナギの花Zoom_400
めも:2022/03/21 PowerShot SX730 HS で撮影


スマートフォンに 100均マクロレンズを付けて パ・チ・リ

DSC_0548_0321ユキヤナギの花シベZoom_400

DSC_0558_0321ユキヤナギのしべZoom_400

DSC_0556_0321ユキヤナギのしべa赤Zoom_400

めも:2022/03/21 SW001SH で撮影


花の構造と雄しべや雌しべの変化が意外と複雑です。

参考
・ ユキヤナギの花をよーく見ると・・・ ~ 続・樹の散歩道

ユキヤナギ (雪柳、学名:Spiraea thunbergii)は、バラ科シモツケ属の落葉低木。
別名にコゴメバナ、コゴメヤナギなど。

2021年10月~12月のTVで スマートフォンやタブレットにつけるマクロレンズ撮影を知り、
早速100円ショップでゲットして試しました。
戸外で植物を写すのはなかなか難しいけど 面白いです・・・。 (*^_^*)♪
 ⇒ Myブログ:「趣味どきっ! 道草さんぽ」に登場する植物たち
 ⇒ マクロレンズでパシャっと写そう ~ Myブログ「パそぼのあれこれフリーク:Part2」

 

 Myタグ 花の色.白 スマホにマクロレンズ 
2022年03月20日 (日) | 編集 |

2022/2/26 <== 2022/3/17 ==> 4月

天気予報が明日から雨だというので、夕方遅く 「四手辛夷公園」 へ様子見。

コブシはまだ咲き始めだろうと、カメラは持たずにでたら、なんと満開。
とりあえず、スマートフォンで パ・チ・リ

コブシ の花

DSC_0504_20220317 コブシの花、四手辛夷公園_400

花をズームで見てみましょう!
DSC_0504_20220317 コブシの花Zoom_400

コブシの花が、満開で、ちょっと重たげ。 (*^_^*)♪
DSC_0503_20220317 コブシの花、四手辛夷公園_400


シデコブシ も きれいに咲いています。

DSC_0508_20220317 シデコブシの花Zoom_400

下には ユキヤナギが ふっくらと白く揺れています。
DSC_0509_20220317 シデコブシの花とユキヤナギ_400

花をズームで見てみましょう!
DSC_0509_20220317 シデコブシの花Zoom_400

数本あるうちで、これはまだ蕾のほうが多いみたい。
DSC_0511_20220317 シデコブシの蕾_400

レトロっぽい壁面に映えますね。
DSC_0510_20220317 シデコブシの花、四手辛夷公園_400

めも:2022/03/17 SW001SH で撮影

コブシ (辛夷、学名:Magnolia kobus)は モクレン科モクレン属の落葉広葉樹

シデコブシ (幣辛夷、四手拳)  モクレン科モクレン属の落葉小高木。
学名:Magnolia stellata (Siebold & Zucc.) Maxim.、シノニム:M. tomentosa
別名 ヒメコブシ


 Myタグ 花の色.白 花の色.桃色 場所_散歩.四手辛夷の公園 
2021年07月05日 (月) | 編集 |
2016/2/19 記 2019/6/13、2021/5/3 追記

2015/12/19 に読んだ本のメモ です。

散歩で見かける草木花の雑学図鑑
金田 洋一郎 / 実業之日本社 (2014-06-28)



2019/6/12  Myブログ 「散歩道の野草と風」 と  
Myブログ 「Niwa niha Hana」 (*印) に 掲載している記事を探して 写真を載せました。

どういう経緯でメモを書いたのかは すっかり忘れました。
もう一度この本を読んでみることにします!
散歩で見かける草木花の雑学図鑑 ~ Myブログ:あとりえ「パ・そ・ぼ」の本棚とノート

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

◇ 知らないものなど、読んだ時のメモ (2015/12/19)

アキレア (セイヨウノコギリソウ)   <== 未だ写真はありません

アゲラタム (カッコウアザミ)  


アジュガ * (セイヨウキランソウ、セイヨウジュウニヒトエ
 
2006年05月05日

アーテチョク (キクイモ)  <== 未だ写真はありません

アロエ * の花
2015年7月1日 

ウメモドキ 淡紫色の花  <== 未だ写真はありません

オイランソウ * (フロックス・パニキュラータ 宿根フロックス)
2017年10月17日

オオキンケイギク * <== 栽培禁止、キンケイギクはOK
2016年6月6日

ガガイモ 白ピンク  <== 未だ写真はありません

カワラナデシコ * (ナデシコ)  <== 2021/5/8 写真追加


キンレイカ (ナスタチウム)  
2016年6月7日

クレオメ (フウチョウソウ


ゲンノショウコ


シオン  
シオン 

スイセンノウ (フランネルソウ) リクニス・コロナリア
2015年06月17日

スベリヒユ * ポーチュラカ  
2011年09月15日  

スモークツリー (ケムリノキ、カスミノキ、ハグマノキ)


タニウツギ ピンク一色    
タニウツギ

ニオイシュロラン (ドラセナ)  <== 未だ写真はありません
ニオイシュロラン (キジカクシ科 センネンボク属) 常緑小高木 ニュージーランドの固有種
参考ブログ、写真があります
 → 近所の花を探す楽しみ(ニオイシュロラン・・) ~ さざんかのゆるゆる散歩

ハコネウツギ 白~赤 (ニシキウツギ)
ハコネウツギ

ブタクサ 、 オオブタクサ  <== 2020/8/8 写真追加
ブタクサ2020/08/08

フヨウ(芙蓉)
白からピンクに花の色が変化するのが スイフヨウ (酔芙蓉) 
2016年10月4日

ミソハギ


ムコナ(シラヤマギク) 大  <== 未だ写真はありません

ヨメナ    小    <== 未だ写真はありません

2016/2/19 記 二ヶ月も経つと、なんでメモしたかは 忘れちゃった o(*'o'*)o

  
[READ MORE...]  Myタグ 本・図鑑 
2021年06月29日 (火) | 編集 |
20210621_散歩 シリーズ

川沿いの遊歩道に行きました。
ビヨウヤナギ
黄色い花がぱっと目に入ります。

長いシベが 印象的。
IMG_0245_0621川沿いのビヨウヤナギの花_500

IMG_0242_0621川沿いのビヨウヤナギの風景_400

めも:2021/06/21 PowerShot SX730 HS で撮影

 
ビヨウヤナギ (未央柳、美容柳、金糸桃。学名:Hypericum monogynum)
オトギリソウ科 オトギリソウ(ヒペリカム)属 の半落葉低木。
 

 Myタグ 場所_散歩.川沿いの遊歩道 花の色.黄色 
2021年05月28日 (金) | 編集 |
20210528_散歩 シリーズ


5/28 シモツケ の花  (川沿いの遊歩道)

IMG_9645_0528シモツケの花川沿い_400

葉っぱも見てください!
IMG_9644_0528シモツケの花川沿い_400

花をズームで見てみましょう!
IMG_9645_0528シモツケの花Zoom_400

花が終わったら、ちょっと不気味・・・。 o(*'o'*)o
IMG_9646_0528シモツケの花後_400

めも:2021/05/28 PowerShot SX730 HS で撮影


何の迷いもなく 「シモツケ」と書いてから、そういえば「シモツケソウ」というのがあったけど、どんなのだったっけ?
と 調べてみました。 両者の違いは、葉です!
 
こちらも見てね ⇒ シモツケ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」

◆ シモツケ(下野、学名:Spiraea japonica)は バラ科シモツケ属の落葉低木。
 別名、キシモツケ(木下野)とも呼ばれる。同じシモツケ属の仲間にはコデマリ、ユキヤナギがある。
「シモツケ(木)の葉=葉先の尖った卵型にギザギザの縁」
花の最盛期は5月~6月ですが、夏から初秋までポロポロと咲き続けます。

◆ シモツケソウ(下野草  Filipendula multijuga) バラ科シモツケソウ属の多年草。
「シモツケソウ(草)の葉=5~7の掌状に深裂した掌(手の平)型」

◆ キョウガノコ (京鹿子) バラ科シモツケソウ属の多年草。 古くからの園芸種。
キョウガノコは、シモツケソウとコシジシモツケソウ(?)との交雑による園芸種とされている。
シモツケソウとキョウガノコは、トゲのあるなしで見分けるそうです。もちろんとげのないのがキョウガノコです。
花期はキョウガノコは6~7月、シモツケソウは7~8月。

◆ コシジシモツケソウ (越路下野草、学名:Filipendula auriculata ) バラ科シモツケソウ属の多年草。

参考
・ シモツケとシモツケソウ 木下野と下野草

・ シモツケソウとは?特徴・種類をご紹介!京鹿子との違いや見分け方は?
京鹿子はシモツケソウよりも少し開花時期が早いのが特徴です。
また、葉っぱの切れ込みがシモツケソウよりも深いところが見分けるポイントです。
また、京鹿子の茎にはとげがなく、シモツケソウより全体の草丈が大きくなる特徴があります。
前述したシモツケソウの茎に直接ついている小さな葉(側小葉)も京鹿子にはありません。

 

 Myタグ 花の色.桃色 場所_散歩.川沿いの遊歩道 メモ.紛らわしい 
2021年03月14日 (日) | 編集 |
20210307_散歩 シリーズ


3/7 「四手辛夷の公園」へ

ユキヤナギ の花が 一気に花盛り!

IMG_7240_0307シデコブシ公園のユキヤナギの花_400

IMG_7232_0307シデコブシ公園のユキヤナギの花_400

IMG_7234_0307シデコブシ公園のユキヤナギの花_400

花をズームで見てみましょう!
IMG_7234_0307シデコブシ公園のユキヤナギの花Zoom_500


レンギョウ の花は、ちらほら咲き始め。

IMG_7249_0307シデコブシ公園のレンギョウの花と葉_400

IMG_7246_0307シデコブシ公園のレンギョウ_400
めも:2021/03/07 PowerShot SX730 HS で撮影


同じところのレンギョウの花
 ⇒ Myブログ:2019/3/24 レンギョウの花の不思議

 
ユキヤナギ (雪柳、学名:Spiraea thunbergii)は、バラ科シモツケ属の落葉低木。
別名にコゴメバナ、コゴメヤナギなど。
 
レンギョウ (連翹) モクセイ科 レンギョウ属


 Myタグ 花の色.白 花の色.黄色 場所_散歩.四手辛夷の公園 
FC2 Management