散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2017年08月02日 (水) | 編集 |
2017/8/2 追記
2014/08/16に撮影したのに、下書きのままでした。

フェンスに絡みついているのは、ヘクソカズラだけじゃないようです。

これまでは、見過ごしていたのでしょうけど、今回 何故か 目に止まってしまいました。

なんでしょう? わかりました!
みんなの花図鑑で教えてもらいました。ありがとうございます。

ヤマノイモ (山の芋)

RIMG0027何?花後_400

でも、花が終わっています。
RIMG0028何花後_500

これはムカゴ?
RIMG0029何?むかご?_400

また来年、観察ですね。 o(*'o'*)o

めも:2014/08/16 CX2 で撮影


参考 ヤマノイモ(山の芋)
 

 Myタグ はじめて!.葉 メモ.わかりました 
2016年10月28日 (金) | 編集 |
→ 20161023_散歩 シリーズ

原っぱのどこかしこにでも生えている ヘクソカズラ

花はすごく個性的だけど 実は平凡・・・。
よく覚えて、他の実を調べるときの役に立てたい。

R0022867ヘクソカズラの茶色の実_400

何にでも 絡みついちゃうから、別の植物の実と間違えないように!

R0022847ヘクソカズラの茶色の実_400

もう少し立つと もっと鮮やかなオレンジ色になるはず。

めも:2016/10/23 CX2 で撮影

ヘクソカズラ (屁糞葛、学名: Paederia scandens) アカネ科ヘクソカズラ属の蔓性多年草
別名ヤイトバナ、サオトメバナ。
 

 Myタグ
2016年10月25日 (火) | 編集 |
→ 20161023_散歩 シリーズ

バス通りの ヒメリンゴ の実
通りかかるたびに 赤くなっていないかなと 待っていたら、
こんなに赤くなりましたよ。

やっと1個・・・、と思ったら
R0022972バス通りのヒメリンゴの赤い実_400

高いところに 生っています。
R0022971バス通りのヒメリンゴの赤い実_400

肉眼では気づかないことも、カメラがしっかり捉えています。
R0022978バス通りのヒメリンゴの赤い実_400

上の方には 葉に隠れるようにして、たくさんの実
R0022976バス通りのヒメリンゴの赤い実_400

お隣に咲いているのは、ヘクソカズラの花。
R0022978バス通りのヒメリンゴにヘクソカズラの花_400

見上げるようなヒメリンゴの木。
R0022975バス通りのヒメリンゴの木_400

めも:2016/10/23 CX2 で撮影

ヒメリンゴ (姫林檎)  バラ科リンゴ属の低木で、秋に赤い小さなリンゴ似の実を成らせます。

 Myタグ 実.赤 場所_散歩.バス通り 
2016年09月28日 (水) | 編集 |
→ 20160909_散歩 シリーズ

藪には ヤブガラシ  (*^_^*)♪

ヤブガラシの花に 蟻さんが! 美味しい蜜が出るのかしら?

R0022248ヤブガラシ_400

花は小さくて オレンジ色が かわいい。
R0022247ヤブガラシの花_400

R0022246ヤブガラシの花_400

R0022247ヤブガラシ_400

藪です! ヘクソカズラも咲いています。
R0022157ヤブガラシとヘクソカズラ_400

ヘクソカズラの花
R0022157ヘクソカズラの花_400

藪には、ヘクソカズラ、ヤブガラシの他、右の方に ツルマメの小さな花も!
R0022148ツルマメとヘクソカズラ_400

めも:2016/09/09 CX2 で撮影

ヤブガラシ (藪枯らし、Cayratia japonica)は、ブドウ科ヤブガラシ属のつる植物
花は葉と対生する散房状の集散花序につき6-8月ごろ徐々に開花する。
花は直径約5mmで薄緑色の花弁4枚と雄蕊が4本雌蕊が1本ある。
花弁と雄蕊は開花後半日ほどで散ってしまい、白色の雌蕊が中央に立った直径約3mmの橙色の花盤(盤状の花托)が残る。
この花盤は蜜が豊富で、蜂や蝶などの昆虫がよく集まる。 Wikipedia抜粋 


 Myタグ 花の色.橙色 
2016年09月27日 (火) | 編集 |
→ 20160909_散歩 シリーズ

藪のようなところで ツルマメ の花、めっけ!

R0022150ツルマメの花_400

R0022149ツルマメの花_400

たくさん咲いています。 葉っぱはちょっと ヨレヨレ。
R0022177ツルマメ_400

シャキッとした葉っぱ、花が小さいのがよくわかります。
R0022151ツルマメの葉と花_400

こんなところに咲いていて、ヘクソカズラ や ヤブガラシが お友達。 ( ん~ ライバルかも)
R0022148ツルマメとヘクソカズラ_400

めも:2016/09/09 CX2 で撮影

ツルマメ  (蔓豆) Glycine max subsp. soja マメ科ダイズ属
つる性1年草。花期は8~9月。 花は淡紅紫色で長さ5~8mm、葉腋に3~4個ずつつく。
日本全土の野原や道ばたなどに生える。 茎には下向きの粗い毛がある。
葉は3小葉からなり、両面とも毛がある。 小葉は長さ2.5~8cm、幅1~3cmの狭卵形~披針形。
豆果は長さ2~3cmで淡褐色の毛が密生し、2~3個の種子が入っている。
 
 


 Myタグ 花の色.紫 
2016年09月03日 (土) | 編集 |
 国立科学博物館のメルマガを愛読しています。
今月号の記事が 目に止まりました。

「気になる野草」 というタイトルで、 植物園ボランティアの方が 書かれたものです。
              
文中に登場する植物たち。 ほとんどが知っている花たちで写真も撮っています。
なんだか嬉しくなっちゃった。

セイタカアワダチソウ。 黒紫の果実をつけた ヨウシュヤマゴボウ
 

 
可愛らしいきれいな花を咲かせる野草

春になってくるとそこら中でオレンジ色の花をつけるのは ナガミヒナゲシ

 

まだ見たことがない(写真を撮っていない)のは、ガガイモ と、土手に咲いている黄色い花 ブタナ

筑波実験植物園には
今年の初夏に上映された有川浩原作の映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』の中で紹介されている、
山菜として食べられる植物が見つけられるコーナーがある。
そこには原作の小説に登場する 午後3時から咲き始める サンジソウ (ハゼラン) も植栽されている。
このコーナーは9月末まで園内で見られる。

サンジソウ (ハゼラン
 

近所でも よく見かけますね。花も実もかわいい。 
 
 Myタグ
2016年01月19日 (火) | 編集 |
→ 20160110_散歩 シリーズ

ヨシ原のハズレで 枯れた茎に絡みついているのは、ヘクソカズラ

黄金色の実
R0017293ヘクソカズラの実_400

R0017294ヘクソカズラの実Zoom_400

R0017292ヘクソカズラの実_400

めも:2016/01/10 CX2 で撮影


 Myタグ 実.茶色 場所_散歩.A川原 
2015年09月19日 (土) | 編集 |
→ 20150916_散歩 シリーズ

ヘクソカズラ 
花を見かけたら、写真を撮らずには いられない。
R0014830ヘクソカズラの花_400

花と実
R0014829ヘクソカズラの花_400

実と葉
R0014868ヘクソカズラの実_400


金色の エノコログサ も、きれい。 

R0014795エノコログサ金色_400

風に揺れています。
R0014793エノコログサ金色_400

めも:2015/09/16 CX2 で撮影

こちらも見てね!
秋の川べりを散歩 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」 

Myガーデンの「エノコログサ」もどうぞ!
8/27 寄せ植え鉢-K 植え替え後 ~ Myブログ「Niwa niha Hana」

 Myタグ 花の色.白 花の色.桃色 場所_散歩.A川原 
FC2 Management