FC2ブログ
散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2018年07月17日 (火) | 編集 |
→ 20180710_散歩 シリーズ

ルドベキア が満開

ルドベキア といっても、種類が多いです。 これは何かしら?

オオハンゴンソウ だと思っていましたが、
ルドベキア・ヒルタ かもしれません。

R0036985ルドベキア オオハンゴンソウ_400

じっくり見ると・・・。 花の中央が少し茶色っぽい
R0036986ルドベキア オオハンゴンソウの花_400

花の中央の盛り上がった焦げ茶色の部分、ちょっと気になりますね。 (*^_^*)♪
R0036986ルドベキア オオハンゴンソウZoom_400

通り道の玄関先に並んだ植木鉢。
R0036984ルドベキア オオハンゴンソウの風景_300

めも:2018/07/10 CX2 で撮影

ルドベキアには、種類が多いですね。 

・ ルドベキア・ヒルタ  アラゲハンゴンソウ
  別名:マツカサギク (松毬菊・松笠菊)  原 産 北アメリカ

・ オオハンゴンソウ (大反魂草、学名:Rudbeckia laciniata ルドベキア・ラシニアタ) キク科オオハンゴンソウ属の多年草。
  通称 ルドベキア、ハナガサギク、ヤエザキハンゴンソウ 
みんなの趣味の園芸 ~ 育て方がわかる植物図鑑 ~ ルドベキア
ルドベキアは、北米に30種ほどが分布している一・二年草、または多年草です。
多く栽培されるルドベキア・ヒルタ(Rudbeckia hirta)は、秋まきし、強く凍らせないように防寒して冬越しさせると、初夏から夏にかけて黄や、赤茶、黄色に赤茶の模様の入った花を咲かせる一・二年草です。春まきにしても夏に開花しますが、まくのが遅くなると、開花は翌年になります。日当たりと水はけのよい場所を好み、病害虫にも強い丈夫な植物です。
なお、多年草のルドベキア・ラシニアタ(R. laciniata)はオオハンゴンソウと呼ばれ、特定外来生物に指定されて駆除の対象になっています。

 

 Myタグ 花の色.黄色 
2017年11月08日 (水) | 編集 |


めも:2017/11/03 CX2 で撮影

アレチハナガサ (荒地花笠、学名: Verbena brasiliensis) クマツヅラ科クマツヅラ属
草丈1-2mほどの多年草の一種。河川敷や道端に生育する。
南アメリカ原産の帰化植物。

その仲間(似た花) に ダキバアレチハナガサ、ヤナギハナガサ、クマツヅラ、ハマクマツヅラ(ヒメクマツヅラ)がある。
 


 Myタグ
2017年06月30日 (金) | 編集 |
 → 20170606_鎌倉 シリーズ ・ 20170606_イングリッシュガーデン シリーズ

2017/6/6 友人に誘われて鎌倉へ行きました。

その時に出会った植物を まとめました。


 ・ 鶴岡八幡宮の樹木
 ビャクシン(イブキ)、キリ(桐)、イチョウ、ハゼノキ

 ・ アストランティアの花
 ・ アナベルが出迎えるガーデン
 ・ アリウムの丸い花
 ・ アルケミラ・モリスの黄色い花

 ・ イワタバコの花:竹の庭
 ・ イワミツバの斑入りの葉と花
 ・ エリンジウム の薄紫の花

 ・ キキョウソウ:浄妙寺
 ・ キョウガノコとアスチルベの花
 ・ クリの花 雌雄めっけ
 ・ クレマチスの球果って変なの
 ・ コバノズイナ
 ・ ゴヨウツツジの花のような5枚葉 


 ・ 斑入りの葉の木は何?
 

 ・ ニゲラの実って o(*'o'*)o
 ・ ハグマノキ:鎌倉
 ・ ペンステモン・ハスカーレッド

 ・ メタセコイアとモミジとハス 浄妙寺
 ・ モウソウチク 孟宗竹:報国寺

 ・ ヤナギハナガサの紫の花
 ・ ヤマアジサイ 山紫陽花:浄妙寺 
 ・ ユーフォルビアの花後
 ・ ラムズイヤー(ワタチョロギ)
 ・ ロウバイの実



こちらもみてね。
 ⇒ 6/6 友人と鎌倉プチ旅行 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 

 Myタグ 場所_鎌倉 
2017年06月15日 (木) | 編集 |
 → 20170606_鎌倉 シリーズ ・ 20170606_イングリッシュガーデン シリーズ

浄妙寺の 石窯ガーデンテラス (イングリッシュガーデン) へ

なんとなくなじみのある花、ヤナギハナガサ

桃色の小さな花が集まってる。
R0028016ヤナギハナガサの紫の花_400

ズームで見てみましょう!
R0028015ヤナギハナガサの紫の花_500

集合花が花笠のよう。
R0028016ヤナギハナガサの紫の花Zoom_400

めも:2017/06/06 CX2 で撮影

ヤナギハナガサ (柳花笠、学名: Verbena bonariensis) クマツヅラ科クマツヅラ属の多年草。
別名 サンジャクバーベナ(三尺バーベナ)

こちらも見てね
 ⇒ 鎌倉の石窯ガーデンテラス(イングリッシュガーデン)へ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」
 ⇒ 6/6 友人と鎌倉プチ旅行 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 
 Myタグ 場所_鎌倉 花の色.桃色 
2016年10月28日 (金) | 編集 |
→ 20161023_散歩 シリーズ


アレチハナガサ の花

R0022942アレチハナガサの花_400

R0022894アレチハナガサの花_400

面白い格好をしていますね。

R0022940アレチハナガサの花_400

R0022944アレチハナガサの花の風景_400

めも:2016/10/23 CX2 で撮影

アレチハナガサ (荒地花笠、学名: Verbena brasiliensis) クマツヅラ科クマツヅラ属
草丈1-2mほどの多年草の一種。河川敷や道端に生育する。
南アメリカ原産の帰化植物。

その仲間(似た花) に ダキバアレチハナガサ、ヤナギハナガサ、クマツヅラ、ハマクマツヅラ(ヒメクマツヅラ)がある。
 


 Myタグ 花の色.紫 
2016年09月30日 (金) | 編集 |
→ 20160909_散歩 シリーズ

2016年9月9日の散歩で出会った植物の 写真記事をまとめました。 (名前順)


 1  アレチヌスビトハギ
 2  アレチノギクとヒメジョオン
 3  アレチハナガサの花
 4  イタドリの花
 5  イヌホオズキ
 6  エノコログサ
 7  カヤツリグサの仲間
 8  カンナの花と実
 9  コセンダングサとタカサブロウ 
 10  シナガワハギの黄色い花

11  チガヤとススキと和歌
12  ツルマメの小さな花
13  トンボや蝶のいる原っぱ
14  ハギ(萩)の花
15  ヒメリンゴの実を訪ねる
16  ムラサキツメクサが今も咲く
17  メマツヨイグサ
18  ヤブカラシとヘクソカズラ
19  ヨモギと和歌
20  秋の桜
21  秋の除草作業前後の風景 
 

ツルマメの花  ユメノシマガヤツリ  イタドリの花
  

 
 ヤブカラシ ~ ヤブガラシ の 標準和名は「ヤブカラシ」 なんですね。
 2019年11月22日 記事を修正 (併記)します。 (=^▽^=) 2019年11月22日
 

 Myタグ
2016年09月14日 (水) | 編集 |
→ 20160909_散歩 シリーズ

散歩道には、たくさんの アレチハナガサ

先端に 小さな花が咲いています。

R0022154アレチハナガサの花_400

R0022153アレチハナガサの花_400

R0022163アレチハナガサ_400

R0022164アレチハナガサ_400

R0022164アレチハナガサの風景_400

めも:2016/09/09 CX2 で撮影

アレチハナガサ (荒地花笠、学名: Verbena brasiliensis) クマツヅラ科クマツヅラ属
草丈1-2mほどの多年草の一種。河川敷や道端に生育する。
南アメリカ原産の帰化植物。

その仲間(似た花) に ダキバアレチハナガサ、ヤナギハナガサ、クマツヅラ、ハマクマツヅラ(ヒメクマツヅラ)がある。
 
 
 Myタグ 花の色.紫 
2016年06月05日 (日) | 編集 |
フェンスに囲まれた空き地。

オオハンゴンソウ (ルドベキア) でしょうか。 風に揺れています。

SBSH0671空き地の花_400

SBSH0671空き地の花CUT_400

一緒に咲いているのは、ヒメジョオン かしら。
近くに咲いていたので、パ・チ・リ。

SBSH0673ヒメジョオン_500

めも:2016/06/02 940SH AS で撮影

オオハンゴンソウ (大反魂草、学名:Rudbeckia laciniata)は、キク科オオハンゴンソウ属の多年草。
通称 ルドベキア、ハナガサギク、ヤエザキハンゴンソウ

ヒメジョオン(姫女菀、学名: Erigeron annuus)は、キク科ムカシヨモギ属
 

 Myタグ 花の色.黄色 花の色.白 
2016年05月22日 (日) | 編集 |
5/21 風に揺れる オオハンゴンソウ (ルドベキア) の花

R0020088風に揺れるルドベキアの花_400

R0020091風に揺れるルドベキアの花_400

R0020084駅裏の空き地の花_400

めも:2016/05/21 CX2 で撮影

オオハンゴンソウ (大反魂草、学名:Rudbeckia laciniata)は、キク科オオハンゴンソウ属の多年草。
通称 ルドベキア、ハナガサギク、ヤエザキハンゴンソウ
 

 Myタグ
FC2 Management