fc2ブログ
散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2022年01月28日 (金) | 編集 |

ハンノキ  (落葉高木)

IMG_4060_0127ハンノキの風景_400

実がたくさんついています。
IMG_4069_0127ハンノキの実たくさん_400

ぶら下がっているのは花です。
IMG_4061_0127ハンノキの花と実_400

今頃咲くんですね。
IMG_4067_0127ハンノキの花と実_400

丸い茶色の実
IMG_4069_0127ハンノキの実_400

細長くぶら下がっているのは、雄花。
その元の方の枝についた実を小さくしたような形のが雌花

IMG_4064_0127ハンノキの雄花と雌花_400

葉が出る前に咲くんですって。
IMG_4072_0127ハンノキの雄花と雌花_400

ハンノキは、川べりの河川敷に 数本まとまって生えています。
IMG_4075_0127ハンノキの風景_400

めも:2022/01/27 PowerShot SX730 HS で撮影


ハンノキ (榛の木。学名:Alnus japonica) は、カバノキ科ハンノキ属の落葉高木。
葉の展開に先立って花をつける。 雌雄同株である。
雄花序は黒褐色の円柱形で、尾状に垂れる。
雌花序は楕円形で紅紫色を帯び、雄花序の下部につく

参考
・ 樹木図鑑 (ハンノキ)
・ ハンノキ ~ 旧植物生態研究室(波田研)のホームページ
・ 道産木材データベース ハンノキ類(カバノキ科ハンノキ属)
・ ハンノキ花粉症に注意! 食物アレルギーとの関連も? 詳しく解説 ~ 大正製薬



 Myタグ 場所_散歩.A川原 実.茶色 花の色.茶色 
2022年01月26日 (水) | 編集 |
2022/01/22~ 追記
寒い日が続いていますが、花壇には素敵な花が咲いています。

クリスマスローズ です。

もう一つのブログ 「Niwa niha Hana (庭には花)」の写真を ご覧ください。

  GCクリスマスローズ_2021  GCクリスマスローズ_2022 


    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2019/3/12 記
クリスマスローズって大人気ですね。 
色も形も種類が豊富で うつむき加減の花が エレガント。

Myガーデンに植えたいのですが、ベランダで育てるのは難しいと聞き、諦めました。
その分、マンションの花壇の クリスマスローズ を 写真にとって 楽しんでいます。

ガーデニングクラブのメンバーも クリスマスローズが お気に入り。
植えられる花壇も増え、毎年3月は花盛り! 

そうそう! 2018年は 「クリスマスローズ展」 にも行ったんですよ!
 ⇒ クリスマスローズの世界展 ~ Myブログ「Niwa niha Hana」

2007年からの写真記事をまとめてみました。

2014年03月09日

2014年02月23日

2013年03月14日

毎年の写真はこちら。 
バラエティに富むクリスマスローズの写真を見てね!

 ・ GCクリスマスローズ_2007 ・ GCクリスマスローズ_2008
 ・ GCクリスマスローズ_2009 ・ GCクリスマスローズ_2010
 ・ GCクリスマスローズ_2011 ・ GCクリスマスローズ_2012
 ・ GCクリスマスローズ_2013 ・ GCクリスマスローズ_2014
 ・ GCクリスマスローズ_2015 ・ GCクリスマスローズ_2016
 ・ GCクリスマスローズ_2017 ・ GCクリスマスローズ_2018
 ・ GCクリスマスローズ_2019 ・ GCクリスマスローズ_2020
 ・ GCクリスマスローズ_2021 ・ GCクリスマスローズ_2022

クリスマスローズ  キンポウゲ科ヘレボルス(属) 学名:Helleborus (ヘレボルス)

 ⇒ クリスマスローズ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」
 

 Myタグ
2022年01月25日 (火) | 編集 |
最近散歩しながら、すっかり葉が落ちた樹々を、これはなんだっけと首を捻ります。
花が咲いたり実がなっているときしか 見ていない・・・。
せめて葉があればわかるかも~、なんてね。

この木のような姿もよく見かけます。
たしかここには~~???

ムクゲです。 わかってスッキリ。 (*^_^*)♪

DSC_0417_0119落葉後のムクゲの木_400

DSC_0418_0119落葉後のムクゲの木_400

めも:2022/01/19 SW001SH で撮影


同じところの花の頃
 ⇒ Myブログ:2017/9/5 ムクゲとサルスベリの咲く風景

2017/9/5
 
    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

Myガーデンにも ムクゲの鉢植えがあるんですけどね。(*^_^*)♪
 ⇒ Myガーデンのムクゲ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」

 2021年9月13日
2021/09/13
 

 Myタグ
2022年01月24日 (月) | 編集 |
20220118_散歩 シリーズ


公園の花壇に変なもの。(*^_^*)♪
ユリの実? ここらにユリは咲いていなかった・・・。

シラン(紫蘭) の実でした。 
花が咲いていないときは よく見ていないものです。

DSC_0415_0118 シランの実_400

中に種が入っていたんでしょう。
DSC_0415_0118 シランの実Zoom_400

DSC_0413_0118 シランの実の風景_400

確かにここには シランがいっぱい咲いていました。
DSC_0412_0118 シランの実の風景_400

めも:2022/01/18 SW001SH で撮影

 
こちらも見てね。 ⇒ シラン ~ Myブログ「Niwa niha Hana」

シラン (紫蘭) 学名 : Bletilla striata ラン科シラン属

参考
・ シラン (紫蘭) 東京花景色
 

 Myタグ 実.茶色 場所_散歩.S公園 
2022年01月23日 (日) | 編集 |
20220118_散歩 シリーズ


道路沿いに、イヌビワ の実がなっています。

DSC_0365_0118イヌビワの実_400

DSC_0364_0118イヌビワの実_400

めも:2022/01/18 SW001SH で撮影

 
◆ イヌビワ (犬枇杷、学名: Ficus erecta)は、クワ科イチジク属の落葉小高木。
別名 イタビ、姫枇杷。
雌雄別株で、それぞれ 両方とも実は出来るんですって。 雌花嚢、雄花嚢。
・イヌビワは雌雄異株であり、雌株にできる実は微かに甘味があって生食できる。ただし、小さな種がたくさん入っているため、ジャムにして食べるのが普通。
実の形がビワに似るがビワほど美味しくはないという意味でイヌビワと名付けられた。
雄株にも赤い実がなるが硬い上に、共生する小蜂の巣になっており食用できない。

 
◆ ビワ  (枇杷、学名:Eriobotrya japonica)は、 バラ科ビワ属

参考 
・ 庭木図鑑 植木ペディア > イヌビワ
・ イヌビワ(犬枇杷) 松江の花図鑑


 Myタグ 実.茶色 
2022年01月22日 (土) | 編集 |
20220118_散歩 シリーズ


ハナキリン の赤い花を見つけました。

DSC_0360_0118ハナキリンの赤い花_400

茎が キリンの首のように長いから 「ハナキリン」 というのだと思っていましたが、名前の由来にそんなことはでてきませんね・・・。


DSC_0362_0118ハナキリンの赤い花_400

『葉腋から花茎が1本伸び、その先で2本に分枝して、花茎がY字形になっています。そして、その先に2つ美しい花を咲かせます。』
 ユーフォルビア属 って感じがしてきました。
DSC_0362_0118ハナキリンの花は2つ一組_400

赤い花がかわいい。
DSC_0363_0118ハナキリンの赤い花_400

『本当の花は、苞の中心にある黄色い部分』 ですって。
DSC_0363_0118ハナキリンの赤い花Zoom_400

めも:2022/01/18 SW001SH で撮影


ハナキリン(花麒麟) 学名:Euphorbia milii トウダイグサ科ユーフォルビア属
マダガスカルが原産の多肉植物。 茎にはトゲがあり、トゲの長さは2cmほど
花の色はピンク、赤、オレンジ、白、黄色など豊富でバリエーションがあります。
実際には花弁に見えているのは花ではなく 蕾を包んでいた葉の部分で「苞」 と呼びます。

こちらもみてね。 ⇒ 花壇のハナキリンの花 ~ Myブログ「Niwa niha Hana」

参考
・ ハナキリンの育て方!植え替えや剪定、増やし方など気になる疑問も解説!

・ ハナキリンの剪定方法と時期|作業中は樹液に注意!育て方
ハナキリンの茎には鋭いトゲが生えているため、茎をつかむ際に手をケガしてしまわないように注意しましょう。
剪定をおこなう際は、茎の切り口から出てくる樹液に触れると肌が被れてしまうおそれがあるため注意しましょう。
軍手やゴム手袋をつけながら剪定をおこなうことをおすすめします。
 

 Myタグ 花の色.赤 
2022年01月21日 (金) | 編集 |
20220118_散歩 シリーズ


垣根の足元、横に這うように植えられているのは、何でしょう。

赤い実がなっています。 
コトネアスターダンメリ (コトネアスター ダメリ) でしょうか?

葉には鋸歯がない。
DSC_0357_0118 コトネアスターダンメリ?の赤い実_400

まんまるではなく少し縦に伸びた丸い実。 
おへそのようなのがあります。 (*^_^*)♪
DSC_0358_0118 コトネアスターダンメリ?赤い実_400

DSC_0357_0118 コトネアスターダンメリ?_400

めも:2022/01/18 SW001SH で撮影

 
コトネアスター 学名:Cotoneaster バラ科 / シャリントウ属 (コトネアスター属) 常緑 つる性低木
その他の名前:ベニシタン

コトネアスター って まだよくわからない。 なんと 北半球に約400種が分布するんだそうです。
ピラカンサによく似ていますが、コトネアスターの葉には鋸歯(きょし)がないこと、枝にはとげがないことで区別されます。

これまで、コトネアスターダンメリ かなと 思っていた赤い実は、違うかも !!(>д<)ノ
 ⇒ Myブログ:11/19 コトネアスターの仲間らしき赤い実

参考
・ 【コトネアスター ダメリ】 学名:Cotoneaster dammeri ~ トオヤマグリーン

・ コトネアスターとは - 育て方図鑑 | みんなの趣味の園芸 NHK出版
・ コトネアスターとは?品種や特徴をご紹介!グランドカバーに使える? ~ botanica
 

 Myタグ メモ.紛らわしい 実.赤 
2022年01月20日 (木) | 編集 |
20220118_散歩 シリーズ


去年の冬から春に見つけたステキなお庭。
通りに面したお庭には、数種類のツバキ(サザンカ)が咲いています。

DSC_0381_0118 通りに面した庭のツバキ_400

DSC_0383_0118 通りに面した庭のツバキ_400

DSC_0379_0118 通りに面した庭のツバキ_400

ミステリアスな ルチエンシス

DSC_0376_0118 通りに面した庭のツバキの蕾ルチエンシス_400

DSC_0376_0116ツバキ サザンカ ルチエンシスの蕾CUT_400

蕾が沢山。 咲くのは3月です。
DSC_0374_0116ツバキ サザンカ ルチエンシスの蕾と葉CUT_400

DSC_0374_0116ツバキ サザンカ ルチエンシスの蕾_400

めも:2022/01/18 SW001SH で撮影

 
去年の花の頃
 ⇒ Myブログ:3/19 ルチエンシス、シベの少ないツバキの花
 

 Myタグ 花の色.桃色 
2022年01月16日 (日) | 編集 |

川沿いの遊歩道を散歩しました。

1/3には、まだ咲いていなかった ロウバイ

みごとに咲いていました。 中心が赤みがかっています。
DSC_0351_0115ロウバイ_400

ほのかにいい香り
DSC_0350_0115ロウバイ_400

DSC_0350_0115ロウバイ満開_400

DSC_0349_0115ロウバイ_400


ソシンロウバイ も、見頃でした。

折れた枝をもらって コップに飾りました。
お部屋に香りが~~。
DSC_0353_0115ソシンロウバイの花をコップに_400


めも:2022/01/15 SW001SH で撮影

◆ ロウバイ (蝋梅、蠟梅、臘梅、唐梅〔からうめ〕)  Chimonanthus praecox
 ロウバイ科ロウバイ属に属する中国原産の落葉樹
 ロウ細工のような黄色い花を咲かせ、芳しい香りが印象的。

◆ ソシンロウバイ (素心蝋梅) ロウバイ科 Chimonanthus praecox 'Concolor'
中国原産。
ロウバイよりも花がやや大きく,内側の花被片も黄色になっています。
 花全体が黄色で中央部の色の変化がない
庭木や鉢植え,花材としてよく使われます。  
 
同じ場所の1月3日の写真も見てね。
 ⇒ 20220103_散歩 ~ Myブログ「散歩道の野草と風」
 

 Myタグ 花の色.黄色 場所_散歩.川沿いの遊歩道 
2022年01月11日 (火) | 編集 |
寒い季節にお似合いの花、サザンカ(山茶花) と ツバキ(椿)。

どちらも園芸種が多くて変化に富んでいます。
おかげで、どちらか迷うことも多い。

花びらがハラハラ散っていれば、サザンカ。 花がまるごと散っていたらツバキ。

寒くなってまず咲くのは、サザンカ。 落ち葉の季節を連想します。
ツバキは早春。雪と陽射しの両方が似合います。

今日は、サザンカの花を 水彩画で描いてみました。

サザンカ


 
写真散歩で出会ったサザンカ ⇒ サザンカ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」
花壇のサザンカ ⇒ サザンカ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」

ツバキの写真は、こちらを見てね。
 ⇒ ツバキ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」
 ⇒ ツバキ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」

◆ ツバキ - Wikipedia
 ツバキ(椿、海柘榴)またはヤブツバキ(藪椿) 学名: Camellia japonica
   ツバキ科ツバキ属の常緑樹。照葉樹林の代表的な樹木。

◆ サザンカ - Wikipedia
 サザンカ(山茶花[7]、茶梅、学名: Camellia sasanqua)は、
   ツバキ科ツバキ属の常緑広葉樹。 別名では、オキナワサザンカ


 Myタグ イラスト